ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レーザーで机に描くキーボード『マジックキューブ』ついに日本初上陸! 先行予約受付開始

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


海外で発表された当時から日本でも話題になっていた、セルオン社のBluetoothレーザーキーボード『Magic Cube(マジックキューブ)』が、ついに日本のレーザー基準をクリアしめでたく初上陸します。8月10日から『RESTIR.COM』で先行予約受付を開始、価格は1万9950円(税込み)です。

『マジックキューブ』は、テーブルや机など平らな場所に置いて、レーザーイメージで投影するキーボード。レーザーが描くキーを叩くと、リアルなタイピング音も出ます。Bluetooth対応で、アプリをダウンロードする必要もなく、すぐにどこでも使い始められます。

1分間に約350文字を認識し、マウスモードに切り替えればマウス操作も可能です。『iPhone/iPad(iOS4.0以降)』やAndroid端末(Android2.0以降)、その他Bluetooth HID製品に対応。重さはわずか78gですのでカバンに入れて気軽に持ち運べます。キーボード投影サイズは240×100mm、カラーはシルバー、レッド、ホワイトの3色で展開、充電式です。

折りたたみ式キーボードよりコンパクトで未来っぽい。紹介動画を見ていると“さわってみたい欲”が刺激されます。便利さよりも面白さに心ひかれる大人向けのガジェットですね。

※動画つきの元記事はこちら。
 



Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP