ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「超いいね!」をどう使うのか…… 『Facebook』の「いいね!」ボタンが6種類に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『Facebook』の日本版が、各記事・ページ・画像などにつける「いいね!」ボタンを感情ごとに6種類に増やした新機能“リアクション”を2016年1月14日に実装しました。

新機能では、これまでの「いいね!」のほか、「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」を追加。各コンテンツの「いいね!」を長押しもしくはマウスオーバーすることで選択できるようになっています。
2015年10月より一部の国で「Like」「Love」「Haha」「Wow」「Sad」「Angry」としてテストをしていたという機能が、いよいよ日本でも提供開始されることになったことに関しては、特に「超いいね!」の存在に注目が集まっている様子。「どういう時に使うのか」といったコメントを数多く見かけることができます。中には、「上司に“超いいね!”を使わないと気まずくなるようになるのでは」といった声もあるようです。

『Facebook』では、2015年5月に9社の海外媒体社パートナーと米国で提供開始していた”インスタント記事”を日本でもテスト導入を開始。朝日新聞社、産経デジタル、東洋経済新報社、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社の6社が参加しています。これにより、ニュースを『Facebook』で読むユーザーが増えることになるのか、注目されます。

Facebook最高製品責任者クリス・コックスが来日 2016年の製品展望、および新機能を発表(Facebookニュースルーム)
http://ja.newsroom.fb.com/news/2016/01/chriscox_japan_announcement/ [リンク]

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP