ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

創業1958年!新橋を代表する印度カレーを食す!! @『カリカル新橋本店』新橋

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

新橋でカレーを語るなら、創業1958年の老舗『カリカル』抜きには語れません。というわけで、新橋に本店がある『カリカル』でカレーを食べてみました。

新橋のディープゾーン『新橋駅前ビル1号館』

新橋の『新橋駅前ビル1号館』の地下街と言うディープゾーンに『カリカル』はあります。

新橋には、この『新橋駅前ビル1号館』と『ニュー新橋ビル』と言う双璧があり、このふたつのビルを巡るだけでも”ディープ新橋”が楽しめる仕様になっています。

新橋でカレーと言えば『カリカル』である!

新橋には古くから続く名店が多いのですが、その中でも古参の『カリカル』は新橋を代表するカレー屋さんかと存じます。

数十種類のスパイスを使い、今も昔の『カリカル』の味を守りつつも、その時代のトレンドにあった限定メニューなども意欲的に出しています。

まさに新橋のカレーシーンを牽引する名店が、この『カリカル』なのです。

『印度カレー』を食す!

基本を重んじる筆者はカツカレーに走りたい衝動を抑え、『カリカル』の基本となるであろう『印度カレー』(950円)をオーダーしました。

結果、こんな感じの写真で御座います。

ん~。

やはりソースポット(カレーのルーが入った容器)に入っていると、本格的な気がしますね~。

現在の場所に移転して、かなりカジュアルな雰囲気の店になりましたが、この『印度カレー』の構成は本格的な予感です。

福神漬けの他に、フライドオニオン的な何かがあるのも嬉しいですね。

さらに卓上調味料も豊富なので、かなりアレンジ幅はあると思います。

印度でカレーと言えば鶏か羊の二択!

まあ、他にも豆系とかあるのですが、宗教的な意味で牛と豚はカレーに使えません。

なので、この『印度カレー』も使われている肉は鶏肉、すなわちチキンカレー的な何かでした。

具として珍しいのは”マッシュルーム”でしょうか?

筆者的にはマッシュルームとか超好きなので大歓迎ですが、この手の本格的なインドカレーには珍しい具材かもしれません。

ちなみに写真の通り、鶏肉は柔らかくジューシーで、かなり沢山入っているので950円でも高いとは思いませんでした。

日本人の好みに調整された『カリカル』のカレー

味の方は、スパイスをふんだんに使った本格的なカレーですが、日本人が嫌いなスパイスは控えている感じで、比較的”日本人の好み”にはアレンジされていると思います。なので、

「あまり本格的なインドカレーはちょっと苦手かも…」

と言う人にも、オススメな『カリカル』で御座います。ボリュームもイイ感じで、多過ぎず少な過ぎず、丁度良いと思われます。

『印度カレー』 総評

新橋のディープな地下街にある『カリカル』は、カレーマニアから一般の方まで万人に薦められるカレー屋さんだと思いました。

店もカレー屋さんにしては珍しいオープンスタイルで雰囲気も明るく、心地よく食事が出来ます。メニューも多くトッピングも色々と選べるので、きっと好みのカレーが見つけられる事でしょう。

お値段は『印度カレー』が950円と安くはないのですが、同じルーを使った『印度カツカレー』は1150円とコスパは高めで御座います。

と、言う訳で新橋の『カリカル』の『印度カレー』でした。

是非、みなさんも新橋でカレーが食べたくなったら、この『カリカル』のカレーを試してみて下さい。

『カリカル 新橋本店』

東京都港区新橋2-20-15 B1F

営業時間 月~金11:00~22:30(L.O.22:00)
     土  11:00~16:00(L.O.15:30)
定休日:日曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP