体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレーマニアのマンボウやしろならばこの店を選ぶ!? @『ペルソナ』神保町

persona025_R

本の街と呼ばれている神保町は、カレーの街とも呼ばれています。マンボウやしろ氏はカレーが好き過ぎて神保町に住んでいたと公言し、あのPerfumeのっちとカレー屋さんに二人でいたとの噂もあります(真意は不明)。

この二人が付き合っていたのかは謎と言うか、諸説ありますが筆者的に感じた事は

「2016年はカレーデートが流行る!」

というわけで、今回も神保町のカレーの記事で御座います。まあ、神保町は落ち着いた街なので、カレー屋さんをデートコースに組むのも正解かもしれません。

隠れた欧風カレーの人気店『ペルソナ』

persona009_R

まず、SNSが全盛期の昨今、人気がある時点で隠れてないよねって話で御座います。あっと言うまに拡散されて行列が形成されてしまうでしょう。

まあ、言うなれば『ペルソナ』は玄人が選ぶ店と言う所でしょうか?

もし報道が事実であり、よしんばPerfumeのっちとマンボウやしろ氏が通ったカレー屋さんが神保町にあるとすれば、この『ペルソナ』ではないかと筆者は推測します。

「カレーが好きで神保町に住んでいる」(マンボウやしろ談)

神保町の欧風カレーと言えば、やはり一度は訪れたい『ボンディ』ですが、有名店なので基本的には並ぶ覚悟が必要です。

と、なると芸能人が並んで席を待つには、少々不向き。よしんばPerfumeのっちは帽子とメガネで目立たなくなるとしても、個性的なマンボウやしろ氏と並んでいれば否応無しに目立ちます。

となると、駅から少し離れているけど余裕の徒歩圏内、かつ並ばずに入れる確率の高い『ペルソナ』こそ、二人の時間を育むには最高のカレー屋さんかと存じます。

カレーがミックス出来る『ペルソナ』

persona007_R

さらに、この『ペルソナ』は最高で具を三種類まで選ぶ事が出来ます。例えば

「海老、アサリ、ホタテ」(トリプル1400円)

を選んでシーフードカレーにアレンジする事も可能! さらに女子には嬉しい”ハーフサイズ”と言う選択肢もあり、実に幅広い好みに対応出来る店なのです。

しかも欧風カレーの基本となる『ビーフカレー』は1200円と、周辺の欧風カレーに比べて20%ほど安い!

persona006_R

さらに『ペルソナ』は次回から使える”100円割引券”をくれるので、コストパフォーマンスはより一層高くなります。

芸人として売れない時代が短くなかったマンボウやしろ氏であれば、この『ペルソナ』のコスパは無視出来ないはずです。

つまり、自分が良く通った”玄人好みの欧風カレーの穴場”と言うホームで、勝負していた可能性は高いと思われ

「Perfumeのっちが訪れたカレー屋さん」

としては、この『ペルソナ』である可能性は高いと思います。むしろ『ペルソナ』に二人が訪れた事は一度もないとすると、マンボウやしろ氏のカレースキルは言う程ではない可能性は否めません。

欧風カレーとしても秀逸な『ペルソナ』

persona030_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。