ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「水爆級に驚いた」「『あさが来た』とベッキーについて」小林よしのりさんがベッキーのスキャンダルを語る

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『週刊文春』が掲載した、タレントのベッキーさんの不倫スキャンダル。
さまざまな人がこの件に関して言及、タレントのデヴィ夫人は「私はベッキーさんの味方、 こうなったら正々堂々と交際宣言をして結ばれて下さい」とブログとメルマガで語り話題になっている。

参考記事:デヴィ夫人「私はベッキーさんの味方」「正々堂々と交際宣言をして結ばれて下さい。」
http://getnews.jp/archives/1340088[リンク]

また、漫画家の小林よしのりさんは自身のブログにて1月7日に

ベッキーのスキャンダルは水爆級
http://yoshinori-kobayashi.com/9364/[リンク]

というエントリーをアップ。
ベッキーの不倫報道に驚いたという小林さん、

ベッキー、好きなんだけどなあ。
頭がいいし、明るいし、健康的なイメージだったから
ショックだ。
不倫やっていい女と、やっちゃダメな女がいる。
ベッキーに不倫でドロドロは似合わない

と語り、不倫相手の『ゲスの極み乙女。』のボーカル川谷絵音さんに対しては

不倫相手に離婚・結婚をちらつかせちゃダメだ。
それは反則だ。男としてなってないね。

と批判する。
また、1月9日には

「あさが来た」とベッキーについて
http://yoshinori-kobayashi.com/9379/[リンク]

というエントリーをアップ。NHK朝ドラ『あさが来た』では時代考証を無視しても「妾」を否定するような健全なドラマ作りをしているとし、

明治時代には当たり前だった妾すら避けられるのだから、一般人にベッキーが非難されるのは当然だ。
「離婚届」のことを「卒論」なんて言って、略奪愛しようとしてたんだから。
主婦にも好感度100%だったはずなのに、こりゃとんでもないイメージダウンだ。

と語る。また、川谷さんよりベッキーの方が痛手が大きいとしながらも、

恋愛は人を狂わせるから、どうしようもないんだよね。
一途で、猪突猛進で、不倫と分かっても、明るさを失わないベッキーという女性は素晴らしい。
わしとしてはベッキー、ますます好きになったな。

と結んでいる。興味のある方は、お読みになってみてはいかがだろうか。

※画像は『小林よしのりオフィシャルブログ』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP