体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【図解】はじめての肛門病院体験記 みなさまもおだい痔に

01

あけましておめでとうございます。
みなさま、年末年始はいかがお過ごしでしたか?
僕は持病の痔が悪化し、肛門病院デビューを果たすという刺激的な年末年始を過ごしました。

日本には痔を患っている人がかなり多くいるそうですが、病院のお世話になったことがある人は少ないのではないでしょうか。
結論から言うと、行ったほうがいいですよ。
せっかくなのでレポートに起こしていきたいと思います。

きっかけは出血がひどくなったこと……

僕がイボ痔を患ったのはかれこれ10年以上前。
以来、出ては引っ込んでを繰り返し続けていたのですが、昨年の後半になって症状が悪化。
腫れがおさまらなくなり、ときどき出血をするようになりました。

それでも痛みは強くなかったので、そこまで気にしていなかったのですが、ある日事件が起こってしまったのです……。

02

なんとソファに座っていただけなのに、ソファが赤く染まっていたのです……!!
服を着ていなければこうなるのもわかりますが、パンツもズボンも穿いていたのに、ソファまで血で汚してしまいました。
これはさすがにヤバい……。

しばらくは生理用ナプキンを装着してごまかしていましたが、時間を作って最寄りの肛門病院まで足を運びました。

院内は痔の患者さんへの優しさがいっぱい

さっそく病院で受付を済ませ、待合室で順番を待ちます。
すると、そこには痔の患者さんに向けた配慮がされていることに気がつきました。

03

なんと、ベンチの上にドーナツクッションがたくさん置かれているのです。
これを見て「ああ、僕はいま肛門病院に来ているんだ……」と痛感しましたね。

そして待つこと数分。
いよいよ名前を呼ばれ、診察室に足を踏み入れることになりました……!

いざ診察!流れ作業で患部をグリグリと……

診察室に入ると、男の先生と看護婦さんが1名ずつ。
そして置かれているのはイスではなく、マッサージ屋さんにあるような簡易ベッドです。
その上で先生に背中を見せるように横になると、先生から「それではズボンとパンツをおろしてください」と一言。
いよいよ診察がはじまりました……!

04

ズボンとパンツをおろし、おケツを丸出しにすると、先生はすぐさま「それでは指入れますね~」と言い放ちます。
触診されることはわかっていましたが、そ、そ、そんなにすぐにされても、こ、心の準備が……!!

なんて考える間もなく、スルリと先生の指が肛門の中にイン。
はじめて味わう異物感です。

先生は指で内部をグリグリとかき回し、患部の確認をし始めました。
さすがに痛みが走りますが、看護婦さんが「はい、力抜いて~」なんて声をかけてくれます。
先生の後方でもう一人、しかも女性に見られているわけです。恥ずかしい……。

患部を確認した先生は「これは結構ひどいね……」と一言。
そしてここからペースを上げ、流れ作業で一気に診察を進めます。

01

先生は「次は機械入れますね~」と言って指を抜き、瞬く間に機械を挿入。
機械で何をするんだ!?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy