ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月刊少年サンデーに女性器を掲載「モザイクでもヤバいのでは?」の声

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

新しく創刊した小学館の漫画雑誌『月刊少年サンデー』。あだち充先生の漫画が掲載されているほか、他の協力執筆陣の漫画が読めるとあって、発売間もないながらも話題性のある月刊漫画誌となっている。

しかし、そこに掲載されている『ここが噂のエル・パラシオ』(執筆・あおやぎ孝夫先生)という漫画に、あまりにも大きなコマで、あまりにも大胆なアングルで女性器が掲載されており、漫画好きの間やインターネットでは大きな話題となっている。

その描写は、いわゆる美少女のキャラクターがバスタオルを巻いた状態で格闘し、女性器が丸出しの状態を見られてしまうというもの。漫画ではモロ見え状態を隠すために文字の「!?」と、ほんの少しのモザイクのようなスクリーントーンで見えないようにしているが、股間周辺の形状は丸わかりの状態で掲載されている。

『週刊少年ジャンプ』で連載されていた『電影少女』でもかなりキワどい性描写シーンがあり大きな話題になったことがあったが、少年誌といえども、内容はどんどん青年誌に近づいてきているのかもしれない。このことについて『にゅーあきばどっとこむ』て゜は「モザイク入り女性器も飛び出したゲッサン創刊号」、livedoorブログ『萌特化書店員』では「ようするにモロな状態なワケです。ヒロインのアソコ丸見えです」とコメントされており、まだまだ波紋は広がりそうだ(このニュースの元記事はこちら)。
 

■ほかにもこんな漫画の記事があります
女流・美少女バカエロ系漫画家! 宮崎摩耶先生を独占インタビュー!

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP