体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界中が笑顔に!世話をしたワラビーが子どもを連れて遊びにきたよ

wallaby

私たちが考えているよりも、動物は人間への恩を忘れていないのかも…。

そんなことを思わせる、あるワラビーのエピソードが海外で話題になっています。

・人間に育てられたワラビーが、我が子を連れて里帰り!?

きっかけになった上の写真は、オーストラリアに住むRedditユーザーRetaboopさんが投稿したもの。

なんでも、彼女が世話したワラビーの子どもが、大人になってから我が子を連れて再び自分のもとを訪れたとか!?

wallaby wallaby

Retaboopさんは、母親が育児をできなくなったり、迷子になったりして人の助けが必要になったワラビーを育てる手伝いをしてきたそう。

今回子連れで里帰り(?)をしてくれたワラビーのMirabookaは、生後5ヶ月のとき母親が交通事故で命を落とし、以後Retaboopさんに育てられた。

wallaby wallaby

・ボーイフレンドも紹介済み!?

成長して、無事に自然に帰されてからも、多くのワラビーはときどき顔を見せに訪れるように。

Mirabookaはボーイフレンドと一緒に家に来たと思ったら、次には赤ちゃんを連れてきたというのです。

まるで絵本や童話のようなお話。人間と動物の絆を物語る、心温まるエピソードではないでしょうか。

Imgur
http://imgur.com/a/lpYF6

動物(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。