ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

前衛的ジャズ・ピアニストのポール・ブレイ(83)が他界

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 前衛的なジャズ・ピアニストとして活躍したポール・ブレイが1月3日に亡くなっていたことが明らかになった。83歳だった。所属するレコードレーベル、ECMレコードの広報が5日に発表した内容によると、フロリダ州スチュアートにある自宅で亡くなり、老衰だったという。

 1932年11月10日にモントリオールで産まれたブレイは、5歳の時に音楽を学び始め、13歳で最初のバンドを結成。まだ10代だったにもかかわらずAlberta Loungeでオスカー・ピーターソンの後任となったほか、Montreal Jazz Workshopを共同設立しチャーリー・パーカーを招いて演奏させた。

 1950年代はジュリアード音楽院で勉強し、1960年代には電子ピアノとシンセサイザーを使用するパイオニアとなった彼は、70年間にも及ぶキャリアの中でレスター・ヤングやソニー・ロリンズ、チャールズ・ミンガス、チェット・ベイカーをはじめとする多数ミュージシャンたちとのプレイやレコーディングを行ってきた。

 ポール・ブレイは2014年にLP『Play Blue: Oslo Concert』を米ビルボード“Jazz Albums”チャートの38位に送り込んでいる。

 告別式等はプライベートなものにする予定だそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・シングル・チャート】首位対決は再びアデルに軍配!トゥエンティ・ワン・パイロッツが初のTOP10入り
【米ビルボード・アルバム・チャート】アデル『25』衰えぬ勢いで6週目の首位に、『パーパス』は2位を死守
急逝したモーターヘッドのレミーのドキュメンタリー映画『極悪レミー』が追悼上映決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP