ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『脳トレ』川島隆太教授 「楽しい人生をおくるには”退屈する”こと」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大人が「本当にワクワクしている時間は少ししかない」と語る東北大学の川島隆太教授 ニンテンドーDS用ゲームソフト『脳を鍛える大人のDSトレーニング』を監修した川島隆太・東北大教授は2011年7月30日、BSジャパン「勝間和代#デキビジ」の収録で、「楽しい人生をおくるコツは『退屈すること』」と語った。脳を上手に使うためには「能動的に退屈すること」が重要だと言うが、一体どういうことなのだろうか。

 東北大学加齢医学研究所教授の川島氏は、著書に『脳を鍛える大人のドリル』があり、2005年に発売された『脳を鍛える大人のDSトレーニング』を監修するなど、いわゆる「脳トレ」ブームの火付け役になった人物だ。「単純な読み・書き・計算を繰り返しておこなう」ことで脳の働きが活性化すると提唱している。

 番組の収録で、勝間和代氏が「どうやったら自分の脳をもっと上手に使えるか」と質問をすると、川島教授は「一番いいのは退屈すること」と答え、勝間氏を驚かせた。川島教授によると、例えばテレビを見るなどの受動的な状態では脳はあまり働かず、「何となく一日が終わってしまう」という。そこで、

「自分の脳をしっかり使った生活をしたいと思うなら、一切の情報を遮断して、ものすごく退屈な状況に自分を追い込む。その状況の中で考えて、退屈じゃないものを見つけ出すこと」

と、能動的に退屈な状況を作り出すことが必要であるとした。

 勝間氏がさらに、「では逆に自分がワクワクするようなことはそのまま続ければいい?」とたずねると、川島教授は「それが本当にワクワクして楽しんでいればいいですけど」と切り返した。そして、毎日の行動を日記につければ「本当にワクワクしている時間は少ししかないとわかると思う」と指摘。川島教授は、

「わざわざいろんなものをシャットアウトして、何をしようかと考える時間をきちんと作る。テレビとかインターネットを見るのではなく、何かアクションをしないと楽しめないようにするというのは『崇高な遊び』だと思う。それが楽しい人生をおくるコツ」

と、”ワクワク”した表情で語った。

丸山紀一朗

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]「脳を上手に使う方法」部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv57964715?po=news&ref=news#58:25

【関連記事】
飯田哲也氏、政官財に対し「国民はもっと怒りを」
菅首相の「脱原発依存」の方針に、原口氏「今回は間違っていない」
東国原氏「宮崎のためにならないと言われた」 知事退任の理由を告白
ジャーナリスト岩上安身氏「働き盛りの男が一番情弱」
猪瀬氏、戦後日本は「リスクを取らない人がリーダーになった社会」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。