体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原発が15基 関西各府県に電力供給する福井県の知事に聞く 全文(前編)

西川一誠福井県知事(左)と角谷浩一氏(右)

 高速増殖炉「もんじゅ」など、全部で15基の原子力発電所を抱える福井県。その首長である西川一誠知事が2011年8月1日、ニコニコ生放送に出演した。首都圏が福島県の原子力発電所から電力を供給されていたのと同様、関西の各府県は福井の原発から電力を供給されているが、西川知事は「(福島第1原発の)事故で不安をお持ちなのはわかるけれども、これまで40年間、あまりにもそれをお感じになっていなかったかもしれません」と、各府県には福井の原発から電力供給されているという意識が希薄であったことを指摘した。

 以下、番組での西川知事とインタビュアーを務めた政治ジャーナリストの角谷浩一氏のやりとりを全文、書き起こして紹介する。

■日本の恐竜王国、福井

インタビュアーを務めた政治ジャーナリストの角谷浩一氏

角谷浩一氏(以下、角谷): ニコニコ動画をご覧の皆様、こんばんは。コネクターの角谷浩一です。いつもは東京のスタジオからお送りするこの「ニコニコ生放送」ですけれども、今日は東京を飛び出して、福井県福井市にやってまいりました。「ニコニコ生放送」の政治番組としては、昨年の名古屋に続いての出張番組ということになります。それ以来の「特別報道番組」ということになるわけですけれども、なぜ福井県なのかと言いますと、今原発の再稼動問題が大きな焦点になっています。東京で言われているニュースは本当なのか? 東京での理屈というのは、実は原発を抱える県はどういう風に見ているのか? 東京の説明は本当に正しいのかどうか? 東京にいてはわからないのではないか? という風な思いから、今日は福井県にやってまいりました。

 今日は福井市内のホテルに、臨時のニコ生(ニコニコ生放送)のスタジオを設営しまして、そこに福井県の西川一誠知事をお招きして、まあ私共が福井にお邪魔したのでお招きしてというのも変ですけれども、福井県知事に来ていただいて、ここでじっくり「現場の声」また「原発を抱える県の自治体の考え方」また「思い」、それから「今後の防災対策」様々な問題について今日は多角的にお話をうかがっていこうと思っています。今後原発とどうやって向き合っていくのか、自治体にとっても、それから原発を抱える地域の皆さんにとっても大きなテーマになります。単純に止めればいいということで解決するものなのか、それともこれに安全基準というのはどうやって作られるべきなのか、様々な意見や考え方があるのだと思います。これをどういう風に僕たちが見ていけばいいのか、それを今日はじっくりお話をしていきたいという風に思っています。

 また、それだけではなくて福井県が今抱えている課題。それに政治行政は、どのように対処しようとしているのかというものなどもうかがいたいと思っています。では早速、今日のゲストをご紹介します。福井県の西川一誠氏です。こんばんは。よろしくお願いします。

西川一誠福井県知事(以下、西川): こんばんは。よろしくお願いします。

角谷: 福井は僕、二度目なのですけれども・・・。

西川: そうですか。ようこそ。

角谷: 今日うかがいまして福井県のイメージ。僕はずっと小さい頃から眼鏡をかけているものですから、眼鏡のフレームといったら福井県という思いがあります。それから、日本海側の海の幸には大変豊富なものもあるという風な印象ですけれども、福井県の事をいろいろうかがいながら、その福井県が「今抱えている問題」、それから「原発の再稼動問題」、「安全基準の問題」こんな話を今日はうかがっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

西川: よろしくお願いします。

角谷: また、番組では皆さんからメールを募集したいと思います。もちろん、いま福井県民として観ているという方、それから福井ではないけれども、原発を抱える地域から同じ問題を抱えているはずだから観ているという方も多いと思います。また、東京から福井はどういうことを考えているのかということで、いろいろご質問があると思います。今日のテーマは「西川知事にあなたが聞きたいこと」ということでメールを募集しようと思っています。それぞれの皆さんの立場から、まとめて最後のほうで知事に質問をぶつけていきたいと思っておりますので、そちらもどうぞお願いします。番組の下にある専用フォームから送ることができます。「PCから投稿する」をクリックすると送ることができますので、是非どんどん質問を送っていただければと思っています。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。