ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラーメンとつけ麺が同じ丼に! 2016年は超斬新な『ニコイチラーメン』が来るぞ!!@森田屋 浅草総本店

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ラーメンを食べるか、つけ麺を食べるか。
いつもラーメン屋さんに行くと悩んでしまうという方は多いのではないでしょうか。
そんな優柔不断な方に朗報です!
浅草のラーメン屋『森田屋』で超画期的なラーメンが発売されたという情報を入手!
早速、取材をさせていただきました!

悩んだら両方食べればいい!ラーメンとつけ麺がひとつになった『ニコイチラーメン』誕生!


今回、発売となった『ニコイチラーメン』は、なんとラーメンとつけ麺が同じ丼に入っているという超画期的な商品。
たしかに、どちらか一方に決めるから悩んでしまうわけで、両方食べられたら悩みは解決しますよね!

わざわざ専用の丼を開発!実用新案まで取得!


そこで、なんと森田屋では専用の丼をわざわざ開発しちゃいました。
コンビニ弁当などではよく見かける形状ですが、これを陶器で作っているのですから、すごいこだわりです!


そしてこちらが丼の裏面。
しっかりと仕切られているのがわかりますでしょうか。
ラーメンとつけ麺のスープは温かいですが、つけ麺の麺は冷たいので、仕切りをしっかりしておかないと温度がぬるくなってしまいます。
ちゃんと2品を美味しく食べられるような工夫も施されているんですね!

早速ニコイチラーメンを実食!どちらも激ウマ!!


せっかくですので、その『ニコイチラーメン』を食べさせていただくことにしました。
ちなみに丼のサイズはかなり大きく、相当ボリュームがあります!

豚骨特有の臭味なし!非常に食べやすい豚骨ラーメン


ニコイチラーメンを食べるときは、つけ麺の方が濃い目の味付けになっているため、豚骨ラーメンから食べるのがオススメ。
早速食べてみましたが、豚骨ラーメン特有の臭味がほとんどなく、まろやかで非常に食べやすい味わい。
これは激ウマ!!

有名店で例えると、『一蘭』や『一風堂』のような感じですね。
これなら豚骨ラーメンを苦手にしている人でも美味しく食べられそうです!


また、細打ちの麺もしっかり歯ごたえがあり、スープとの相性は抜群。
チャーシューも柔らかくて最高です!

凝縮された旨味のつけ麺も絶品!温度も問題なし!


ラーメンを食べ終え、次につけ麺をいただきます。
仕切りがしっかりされているとはいえ、本当に麺の冷たさがキープされているのか気になりましたが、一切問題なし!
麺は冷たく、スープはアツアツというベストな状態です!


つけ麺の麺はラーメンとは対照的に中太麺。
旨味が凝縮された濃厚なスープにはひき肉が入っていて、ほんのり甘く食べやすい味わいになっています。
こちらも非常に美味しいですね!

なるほど、ラーメンとつけ麺、どちらもクオリティが高いからこそ『ニコイチラーメン』の開発に至ったのかもしれません。

オーナーに話をすると特典が何かもらえるかも!?


というわけで、噂の『ニコイチラーメン』を食べてみましたが、途中で味と食感の変化を楽しめますし、かなり満足することができました。
単純に同じメニューの大盛を食べるのとは全然違いますね!

現在、森田屋は浅草に1店舗あるだけですが、2016年は国内外にどんどん新規出店していく考えとのこと。
お近くに森田屋ができた際には、ぜひこちらの『ニコイチラーメン』を試してみてください。

また、今回取材した内容をガジェット通信などで紹介するとお伝えしたところ、店長の森田さんから「なにかサービスつけようか?」と嬉しいご提案が!
森田屋 浅草総本店を訪れた際には、ぜひ店長の森田さんに「ガジェット通信読みましたよ!」と伝えてみてください。
どんな特典があるかはお楽しみです!(僕も詳細はわかりません!)

森田屋 浅草総本店

東京都台東区雷門1-15-10
TEL:03-5246-4780

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP