体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xperia mini pro SK17i開封の儀(動画あり)

今月下旬より一部の地域で発売されたSony Ericsson『Xperia mini pro(SK17i)』を入手したので早速開封の儀を執り行いたいと思います。『Xperia mini pro』は、Sony Ericssonが約1年前に発売した『Xperia X10 mini pro』の後継機種。3.0インチ(解像度480×320ピクセル、HVGA)サイズの液晶ディスプレー、『モバイルBRAVIAエンジン』、Qualcomm MSM8255 1GHz、512MBのRAM,背面に500万画素のCMOSカメラ、前面に30万画素のCMOSカメラを搭載。特徴は4行のスライドキーボード。コンパクトながらも各キー間に隙間が設けられており、ミスタイプを防いでくれる(と思います)。本体色はブラックとピンクの2色。ブラックにはターコイズカラーのバックカバーが、ホワイトにはピンクカラーのバックカバーがスペアとして付属します。

今回入手したのは『SK17i』の香港版。キーパッドは英語と中国語の入力に対応したものになっています。このモデルには『POBox touch(日本語版)』がプリインストールされており、日本語の入力も可能です。システム言語も他の『Xperia』スマートフォンと同じで日本語をサポートしています。

『Xperia mini pro』の購入にかかった費用は、本体$299、国際配送料$25、通関手数料1100円、合計2万6000円程度です。では早速開封していきたいと思います。まずは箱(上図)。『Xperia PLAY』、『neo』と同じ正方形に近いタイプのパッケージ。次の図は箱の中身です。同梱品は『Xperia mini pro』本体(当然)、1200mAhバッテリー、ホワイトカラーのステレオヘッドセット、マイクロUSB⇔USBケーブル、2GBのマイクロSDカード、電源アダプタ、取扱説明書類です。今回購入したホワイトにはピンクカラーのスペアカバーが付属していました。

バックカバーは引っぺがすタイプのもの。SIMカードスロットはバッテリーの下に位置する場所にあります。

ディスプレーサイズが3インチと小さいのでキーボードをオープンした状態でも手の中にすっぽり収まります。キーボードをオープンすると自動的に横表示モードに切替わります。

キーを押した感触は、程よい硬さとキー間の隙間のおかげで押しやすいと感じています。キーを押すとカチッと音がしますね。しかし、ディスプレー端が最上行のキーに近いため、慣れないうちは押しづらく感じるのではないかと思います。

キーパッドです。英語と中国語の入力に対応したものになっています。プリインストールされているIMEアプリに『POBOX Touch(日本語版)』があり、それに切替えると日本語を入力できるようになります。「↑」キーの右にあるキーを押すすることで切替えることができます。

1 2 3 4次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。