ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャパンディスプレイ、第二世代 Pixel Eyesパネルの量産を開始、タブレットへの適用も可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャパンディスプレイがタッチセンサー機能を内蔵した液晶モジュール「Pixel Eyes」の第二世代モデルの量産を開始したと発表しました。Pixel Eyes とは、JDI が開発したインセル型パネルのブランド名で、第二世代ではタッチセンサー部分を改良し、ベゼル幅を 0.8mm から 0.5mm に削減し、ペン先 1.0mm のパッシブスタイラスペンも認識できるようになりました。また、タッチセンサー部分の改良により黒色がより黒くなり、タブレットクラスの液晶モジュールや第一世代よりも解像度の高い液晶モジュールへの適用も可能になったとされています。第二世代は 16 インチパネル以下をサポートしており、従来はなかった 10.1 インチタブレットでも採用されると期待できます。Source : JDI

■関連記事
So-net、ZenFone 2(ZE551ML)とSIMカードのセットプラン「スマホセット4980」を発売
クリーチャーズ、音楽に合わせてアルパカやカエルなどがオリジナルダンスを披露するAndroid用ミュージックプレイヤー「aDanza」をリリース
HTCとフォルクスワーゲンがIoV(Internet of Vehicles)の分野で提携

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP