ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia SにAndroid 6.0 Marshmallowが移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今から 3 年ほど前に発売された Sony Mobile の当時のフラッグシップ「Xperia S」に Android 6.0 が移植されました。Snapdragon S3 を搭載した Xperia S の OS アップデートは Jelly Bean で止まっており、KitKat 以降の OS は提供されれていません。スペック的には Android 6.0 (Lollipop)も余裕で動作すると考えられるのですが、公式の OS アップデートが止まっているのでもはやカスタム ROM 頼みという状況です。今回リリースされた ROM は AOSP をベースに ROM 開発者さんが独自にビルドしたものです。Xperia S 用は Android 6.0 をベースにしたもので、ClockworkMod や TWRP などのカスタムリカバリ経由でインストールする方式を取っているので、ブートローダーのアンロックや root 化(リカバリを書き替えるため)が必要になります。また、今回の場合は /data パーティションのリサイズも必要となっており、慣れていない方にとっては敷居の高い作業が要求されます。Source : XDA

■関連記事
Spigen、スマートフォンの落下防止リングと車載マウントフックがセットになった「スタイルリング」を55%OFFで販売
増えたAndroid Wearの保管には腕時計・ブレスレット用ディスプレイスタンドがおすすめ
UNiCASE、ディスニーデザインの5インチ / 5.5インチスマートフォン用手帳型ケースを発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP