体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR]下り300Mbpsで混雑する場所の通信を快適にするドコモの『PREMIUM 4G』 担当者に高速LTEを支える技術と今後を聞く

[PR]下り300Mbpsで混雑地域の通信を快適にするドコモの『PREMIUM 4G』 担当者に高速LTEを支える技術と今後を聞く

NTTドコモは、2015年3月に下り最大225Mbpsで運用開始した高速通信サービス『PREMIUM 4G』をさらに高速化。下り最大300Mbpsの運用を10月29日から開始しました。一見、速度の上限を上げる通信の高速化が目的のように見える300Mbpsの運用ですが、実は“混雑する場所でより快適に利用できる”ことを重視しています。ドコモの担当者に、今回の高速化の狙いと今後の展開について取材してきました。

高速通信を実現する“キャリアアグリゲーション”と“高度化C-RAN”

『PREMIUM 4G』は、“キャリアアグリゲーション”と“高度化C-RAN”という2つの技術に支えられて高速通信を実現しています。キャリアアグリゲーションは、複数の周波数帯の電波を束ねることで高速通信を可能にする技術。運用開始当初は下り最大150Mbpsの1.7GHz帯と下り最大75Mbpsの800MHz帯の2種類の電波の組み合わせ、下り最大112.5Mbpsの1.5GHz帯と2GHz帯の組み合わせの2パターンで下り最大225Mbpsを実現していました。

docomo_premium4g2

2種類の電波を組み合わせるキャリアアグリゲーションに加えて、下り最大112.5Mbpsの2GHz帯、下り最大112.5Mbpsの1.5GHz帯、下り最大75Mbpsの800MHz帯の3種類の電波を組み合わせることにより、下り最大300Mbpsという高速通信が実現。

docomo_premium4g3

4種類の電波を基に、全6パターンの組み合わせのキャリアアグリゲーションで高速通信を提供しています。

docomo_premium4g4

このキャリアアグリゲーションの組み合わせを、対応する端末に適切な状態で提供する仕組みが“高度化C-RAN”です。基地局のエリア内にある端末が最も快適に通信できる組み合わせの電波を提供しています。

混雑する場所を重点的に強化

docomo_premium4g5

300Mbpsの『PREMIUM 4G』のエリア展開や今後について、同社ネットワーク部 技術企画部門 通信網企画担当課長の尾崎康征氏と、ネットワーク部 技術企画部門 通信網企画担当の高瀬啓輔氏に伺いました。

docomo_premium4g_antenna1

300Mbps対応の基地局は、10月29日に日本全国で一斉に運用を開始したとのこと。「既に全国の410都市で『PREMIUM 4G』対応の基地局を設置済みだったので、ロケットスタートが可能だった」(尾崎氏)。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。