ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私が選ぶ2015年のAndroidスマートフォン海外モデル ベスト5

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015 年も残すところ 10 日弱となり、今年を振り返る意味で私がこの 1 年間で購入した海外の Android スマートフォンの中で良かったと思う機種のベスト 5 を発表させていただきます。もちろん、全てのスマートフォンを購入したわけではないので、私の知らない機種も多数あります。あくまでも私が実際に購入してメイン機として使った中で良かったものを順に紹介しているだけです。私の評価ポイントは毎年同じで、端末の操作性、デザイン、パフォーマンス、カメラ、マルチメディア機能、その他の特徴の順に優劣を付けています。第 1 位:LG G Flex 2LG G Flex 2 は初の Snapdragon 810 採用端末として今年 1 月にデビュー。しかし、前作(LG G Flex)と同じ形状のカーブディスプレイを維持したこともあってか、意外と注目されなかったと思います。この機種で最も気に入ったのは 5.5 インチと大画面ながらも、このクラスで最もコンパクトかつ軽量であり操作しやすいところ。また、意外とカメラの画質が他社の機種よりも優れており、オート撮影モードで綺麗な写真を撮影できるところも気に入っています。発売直後は性能周りに問題を抱えていましたが、Android 5.1.1 へのアップデートで解消され、今でもサクサクです。他の機種よりも実用性が高かったので私はこの機種を 1 年の中でほとんどの期間をメイン機にしていました。なので 1 位に選定しました。第 2 位:Xperia Z5 CompactSony Mobile のコンパクトでハイスペックな一台。性能的には LG G Flex 2 に秘的するレベルで、カメラの画質やフォーカス性能なども良かったのですが、普段から大型端末を利用しているので、4.6 インチの小さな画面に見づらさを感じ、2 位にしました。 第 3 位:Nexus 6P今年 11 月に発売された Google x Huawei の最新 Nexus です。5.7 インチの大画面スマートフォンで、有機 EL を採用していることもあり、画面の見やすさと鮮やかさは気に入りました。なんといっても Snapdragon 810 と LPDDR4 RAM を搭載したほか、素の Android を採用しており、性能面はこの 5 機種の中でトップだったと思います。しかし、メイン機として持ち歩くには少し大きく、裸のままだと傷が付きそうな不安もあり、メイン機としては G Flex 2 と Xperia Z5 Compact に劣るとして 3 位にしました。第 4 位:Moto X Pure Edition今年の 9 月に発売された Motorola のフラッグシップモデルです。ディスプレイサイズは 5.7 インチと Nexus 6P と同じなのですが、狭額縁デザインと Motorola 特有の超絶ラウンドフォルムが相まって、5.7 インチスマートフォンの中で最も持ちやすい機種だと思いました。この点が一番の評価ポイントです。ただ、プロセッサが Snapdragon 808 ということもあり、上記の 3 機種よりも性能面で不満を感じ 4 位にしました。それでも、私は Motorola 端末のデザインが好きなので、この点だけを取ればダントツです。第 5 位:Xiaomi Mi 4iXiaomi が 7 月に発売した初のグローバルモデルです。何が良かったのかというと、スリムで持ちやすく、バッテリーが他の機種よりも長持ちであるところです。Mi 4i は 5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイや Snapdragon 615 を搭載したミッドレンジクラスの機種で、バッテリー容量は 3,000mAh と大容量。一時はテザリングを利用することが多く、その時にはメイン機として重宝しましたが、性能が徐々に劣化していき最終的にはもっさロイドになってしまったので、5 位にしました。

■関連記事
Huawei、Honor 6 / 6 PlusのAndroid 6.0ベータテストプログラムをインドで実施
ルミネの公式Androidアプリがリリース
Android版「SmartNews」がv3.0にアップデート、テレビ番組の実況機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP