ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【行ってみた】スタバが真っ白に! 『White Winter Starbucks』期間限定開催

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


12月26日、スターバックス コーヒー ジャパンより新製品『チョコラティ クランブル ココ』が登場。そちらに先がけて、国内のスターバックスでは初めてとなる真っ白なスターバックス空間『White Winter Starbucks』が新宿サザンテラス店にて期間限定開催されます。

まるで雪景色! 真っ白な空間『White Winter Starbucks』


『White Winter Starbucks』では、スターバックスの冬のテーマ『White Winter』をモチーフに期間限定でホワイトカラーに装飾。 椅子やテーブルも真っ白! 店内ではチャペルのような鐘の音が聞こえてきます。


柱も真っ白! 雪原のシンとした音のない世界を表現。雪の世界観をより表現するよう吸音材が使用され、寒い日のホットドリンクとともに『White Winter Starbucks』を五感で感じられる空間づくりに。


装飾に使用されている材質は、吸音材。雪の中にいるような「静けさ」を体感できます。


外から見た様子。奥行のある店内の天井に白い装飾が「つらら」のようにしき詰められ、店内のライトがキラキラ。


白い銀世界の装飾がほんのりライトアップ。夜も訪れてみたい!

あなたはチョコ派? ホワイト派? 冬にぴったりの新製品はコレ!

12月26日から発売される新製品『チョコラティ クランブル ココ』、『チョコラティ クランブル ココ フラペチーノ』。こちらが新宿・サザンテラス店にて12月22日より先行発売。


サザンテラス店では、12月22日より先行発売。冬にのみたいこっくりとした甘~いドリンク。

風味豊かなチョコレートドリンク『チョコラティ クランブル ココ』


ドリンクのイラスト発見。雪景色にほっこり。

ガトーショコラのようなサックリとした食感が特徴のチョコレートドリンク。ほんのり柑橘の風味が効いているので、すっきりと飲み干せます。

飲むチョコレートデザート『チョコラティ クランブル ココ フラペチーノ』


キューブ上のガトーショコラがキュート! スプーンで砕いて飲みながらでもよし、そのまま食べてもよし◎

真っ白な空間とともに味わって『ホワイト チョコラティ クランブル ココ』


こちらはホワイトチョコの『チョコラティ クランブル ココ』。ホワイトチョコレートシロップが使われています。

『ホワイト チョコラティ クランブル ココ フラペチーノ』


こちらのフラペチーノにもガトーショコラがどどん! ふわふわのチョコレートもキュート!

いかがでしたか?

ほっこりあたたまる冬にぴったりのスペシャルドリンク。真っ白な雪景色を模した『White Winter Starbucks』の空間で味わってみては。 『White Winter Starbucks』は、スターバックス コーヒー 新宿サザンテラス店にて、2015年12月22日(火)から2016年1月12日(火)まで開催中です。

White Winter Starbucks 詳細情報

開催日時:2015年12月22日(火)~2016年1月12日(火)月~木:7時~22時30分、金土:7時~23時、日祝:7時~22時30分場所:スターバックス コーヒー 新宿サザンテラス店

製品詳細情報

『チョコラティ クランブル ココ』
Tall 460円short 420円Grande 500円Venti 540円
『チョコラティ クランブル ココ フラペチーノ』
Tall 560円Grande 600円Venti 640円
※価格はすべて税抜き価格です。
※ホットおよびフラペチーノともホワイトチョコレートを使用した商品もあり。
販売期間:2015年12月26日(土)~2016年2月14日(日)
取扱店舗:全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)※なくなり次第終了

公式サイト

スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/

※本記事はギャザリーhttp://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/とガジェット通信で共同制作しました。

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。