ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【悲劇】新スターウォーズの初回上映18:30に間に合わない客が続出 / 上映しながら客が入場する事態に発展

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が2015年12月18日に公開された。世界同時上映のため、初回の上映開始時間は18時30分と決められており、その回だけ、予告やCMが入らずにすぐ本編が始まる流れになってる。

・アクシデントが発生
その初回上映でトラブルが発生。多数の劇場で長蛇の列ができていたため、18時30分の上映時間になっても観客が入ることかできず、上映しながら多数の観客がシアター内にゾロゾロと入るというアクシデントが発生したのだ。

・大勢の観客を残して上映に踏み切った
上映中に入ることになってしまった観客もかわいそうだが、それ以上に、作品の重要な冒頭部分を入ってくる人に邪魔されて集中できなかった客もかわいそうである。

・ルールを破るわけにはいかず!!
劇場が少し上映を遅らせればいいという考えもあるかもしれないが、「18時30分から世界同時上映」というルールがあるため、劇場としてもそのルールを破るわけにはいかず、大勢の観客を残して上映に踏み切ったのだ。映画館内の放送では「いまお並びのお客さまは上映に間に合わない場合があります」とコメントしていた。

・ちゃんと間に合っただろうか?
この記事を読んでいる皆さんのなかにも、18時30分から鑑賞したという人がいるはずだが、ちゃんと間に合っただろうか? 大勢の遅れた客に邪魔されずに観られただろうか?

https://youtu.be/sEqxmWo0mzM

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/12/19/star-wars-is-sad/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP