体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自問自答入門

f:id:kensukesuzuki:20150713144911j:plain

こんにちは、next49と申します。大学の計算機科学系の学科で教員をしております。

さて、みなさんは、何かについて報告や説明をした時に、同僚や先輩、上司の方から「もっとよく考えてみて!」とか「これは良く検討したの?」などと言われたことがないでしょうか。そして、「もっとよく考えてみて!」というコメントに正面から取り組み「よし、いっちょ熟考してみるか!」と考えてみたものの、結局は元の結論と同じになってしまったことはありませんでしょうか?真剣に時間をかけて取り組んだにもかかわらず「本当によく考えたの?」なんて再び言われてしまうなんてことを、私はしょっちゅう経験しました。

一体、どうやったら、「よく考えてみる」ことができるのでしょう?いろいろな方法があると思いますが、もっともシンプルな方法は「自問自答」、すなわち、自分で質問し、その質問に自分で答えるという方法です。

自問自答は、質問を検討対象にぶつけていくことによって、検討対象に対する認識や考えをどんどんと深くしていくプロセスであるとも考えられます。自問自答を行う時に常に同じ質問しか持っていないと、自分の思考に深く潜っていくことができません。これは、南の島でダイビングするときも、北の海でダイビングするときも、いつも同じ装備で潜るのと同じような話です。潜る場所に応じて適切な装備を整えて潜っていくべきです。「質問」は、自問自答で自分の思考に潜っていく際の装備に該当します。

このエントリーでは自問自答入門ということで、前半では自問自答するときのコツを、後半では私が自問自答するときのいくつかの質問例をご紹介いたします。アイディアを企画書に落とし込む時、仕事での失敗を分析して再発防止策を考える時など、よく考えたい時にご活用いただければ幸いです。

どうやって自問自答を行うべきか?

どうやって自問自答を行うべきかについては、いくつか強く推奨したいことがあります。 必ず問の答をアウトプットし、記録する(答を頭の中で浮かべたままにしない) シンプルな質問にシンプルに回答する 「わからない」「答えたくない」「やりたくない」というネガティブな言説も答として認める

必ずアウトプットし、記録する(答を頭の中で浮かべたままにしない)

自問自答を行う際には必ず答をアウトプットしましょう。多くの人は言語化(言葉にすること)が得意だと思いますので、答を言語化しましょう。言語化よりも図示の方が得意な方は絵で書きましょう。答らしきものを頭の中で浮かんだままにしておいてはいけません。多くの場合、それは答ではありません。何らかの方法で形を与えて初めてそれは答になります。私は、歩きながらの方が考え事をしやすいので、人気のない道にいって、小声でぶつぶつ言いながら自問自答することが良くあります。

そして、私たちは覚えておくのが苦手です。一方でコンピュータや紙・ノートは覚えておくのが得意です。答を何かに書き留めましょう。あるいは録音しましょう。覚えておくのはそれが得意なコンピュータや紙・ノートに任せましょう。

シンプルな質問にシンプルに回答する

ソフトウェアを設計するときの考え方として「分割・統治」と「モジュール化」というものがあります。前者は、大きな問題を小さな問題に分割し、その小さな問題について解決法・制御法を考えるという発想です。後者は単純な機能を組み合わせて複雑な機能を実現するという考え方です。どちらも複雑なものを複雑なままでは扱わないという共通の方針があります。私たちにとって、複雑な物事を複雑なまま考えたり、複雑なまま取り扱おうとするのは非常に難しいです。そこで、我々が取り扱える程度まで複雑な物事を切り分けることが重要になります。

複雑な事柄に関して検討を行うときには、単純な質問を複数使って複雑さを切り分けましょう。また、質問に対する答を可能な限り簡潔に保ち自分の考えを明確にしましょう。可能ならば1単語~1フレーズ。長くても1~2個の単文で答えましょう。長々と答を述べなければならないというのは、質問自体が不適切か、質問の答において重要なポイントを今の自分が理解できていないという証拠です。

1 2 3 4 5次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy