体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「出会いを創造にし、社会を活性化させる」――『Colabo』代表・仁藤夢乃さんの挑戦

今、日本一多忙な大学生の一人、仁藤夢乃さんに注目が集まっている。

仁藤夢乃さんは学生団体「Colabo(コラボ) [リンク]」を今年5月に結成し、その代表を務める現役の大学3年生。宮城県石巻市と東京を行き来きし、被災地の高校生とお菓子屋さんとの共同開発で「義援金付き商品」を全国の高校、大学の学園祭で販売する企画を展開している。学生でありながら中学、高校や大学のボランティア学の教壇にも立つ、まさにスーパー女子大生。「Colabo」はそんな彼女が震災を期に立ち上げた「出会いを創造にし、社会を活性化させる」プロジェクトだ。

夢乃さんはもともと渋谷のギャルだった。高校を中退後、毎日のように渋谷を出歩き、同じように人生に希望を持てず路頭を彷徨っていたギャルたちの輪の中に居た。彼女の転機となったのは高卒認定予備校「河合塾コスモ」に入塾してから出会った、生徒たちと共に農園で畑を耕す一風変わった老紳士の存在だった。

その老紳士は、若者が集う場を人里離れた「農園」に設け、自分たちの未来を考えるように農作物を作り、フェアトレードの在り方や途上国の貧困問題などを学生に優しく問いかけた。畑を一から耕し、農作物を一個一個収穫していく。最初は若者同士が純粋にコミュニケーションを求めて集った農園という場も、次第にその老紳士を慕い、コミューンのような温もりのある共同体を形成していった。今は亡き阿蘇敏文氏による「コスモ農園 [リンク]」だった。

夢乃さんはその阿蘇氏との出会いで、今までまるで関心のなかったボランティア活動へ徐々に身を挺していくようになる。東南アジアの難民問題を最初のきっかけとして、NPO「JFCネットワーク [リンク]」「ハビタット・フォー・ヒューマニティ [リンク]」などでネパールに家屋を建てたり、フィリピンの職を持たない母子の支援活動に参加し、国際協力の場で活躍した。

ボランティア活動家として国際協力の舞台で活躍しながらも、彼女の中には常に拭い去れない問題意識があった。それは自身の原点でもあった、女子高生、ギャルたちの存在。当時渋谷に集っていた女子たちは、みな絶望を抱えていた。自傷行為、クスリ、男性依存。当時の仲間たちが風俗嬢やAV女優になることは全く珍しいことではなかった。

「ちょっとのきっかけがあったかどうかで、人生の楽しみ方が全然違ってしまう」。彼女にとって当時の仲間たちの行く末は決して他人事ではなかった。NPO「カタリバ [リンク]」で高校生たちのキャリア教育などにも取り組んでいた彼女は、決意を固める。「国際協力は私じゃなくても出来る」。

「私の希望は、当時の彼女たちのような子と一緒に楽しく生きていくこと」。そうした思いを胸に、今までのボランティア活動に区切りをつけ、彼女は高校生との「協働」を考える独自の活動へ踏み出していった。

若者を中心としたフェアトレードファッションショーを企画する「ハビ☆コレ」。彼女は、かつて自身が農園で阿蘇氏に教わったように、高校生たちに自然と社会問題への関心を呼び起こさせるような「場所」の創造に力を注いだ。高校生たちにはtwitterで「ファッションショー」と募集をかけ、ファッションを楽しむ感覚でフェアトレードを知るきっかけを作った。その輪は徐々に広がりを見せ、夢乃さんの活動のもとにも多くの企業からの協賛が集まった。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会