ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小型ドローン「ONAGOfly」はカメラも高性能でスマホ操作が可能!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

次々と新商品が登場するドローン。趣味用として最近多いのがナノドローンと呼ばれる、小さいタイプのものだ。

おもちゃ感覚で楽しめるのが特徴だが、どうせならきちんと撮影もしたい。そんな要望に応えるのが、このほどクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した「ONAGOfly」だ。

・iPhone 6Sと同等のカメラ搭載

「ONAGOfly」はスマートナノドローンをうたう。何がスマートなのかというと、まず高解像度のカメラを搭載していること。iPhone 6Sと同等の15メガピクセル、1080p HD、30FPSとなっている。

そしてGPSナビゲーション機能では、スマホなどのデバイスからONAGOflyの位置や飛行記録を追跡できる。また、遠赤外線で衝突を回避する機能も付いている。

・タップひとつで離発着

操作が簡単なのも特徴だ。スマホなどにダウンロードしたアプリ(iOS、Android)を使えば、タップひとつで離発着や飛行の操作ができる。

ビデオにするか写真にするかといったカメラモードのコントロールもアプリで。そして撮影したものをすぐに端末でチェックできるのも便利だろう。

・わずか140グラム

これだけの機能がそろいながら、ONAGOflyは手のひらサイズで、重さはわずか140グラム。

しかも、今なら予定小売価格より33%安い199ドルでプレオーダーできる。世界中どこにでも発送してくれるので(日本へはプラス25ドル)、ドローン購入を検討している人は選択肢に加えてもいいかもしれない。

Indiegogoではすでに目標額を達成し、商品化はほぼ確実な情勢。プレオーダーは1月7日までとなっているのでお早めに。

ONAGOfly/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP