ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NASA関連のスタートアップが開発!周囲360度を動画撮影できるカメラLunaがスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Luna

世界最小をうたう周囲360度を動画撮影できるカメラが登場した。直径がわずか6センチの「Luna」だ。

テッカブルではこれまでいくつかの360度カメラを紹介してきたが、それらと違う点を中心に特徴を紹介しよう。

・テニスボール大

まず際立つのは、その小ささ。直径6センチというと、テニスボールほど。メーカーは「世界最小」をアピールする。重さもわずか180グラムで、持ち運びしやすい。

そして、レンズ2つというのも特徴。他の天球カメラではレンズが3〜4つついているものが多いが、Lunaの場合、レンズの画角が190度なので2つで360度カバーする。

Luna3

・ハードなアウトドア撮影にも!

また、防水機能付きというのも撮影の幅を広げてくれそう。防水・防塵機能を表す規格は最高等級の「IP68」で、アウトドアでのハードな使用に耐えうる。

さらにはジャイロスコープで水平を保つ機能もあるので、手ブレ補正はもちろん、高品質の映像が期待できる。

Luna4

・NASAが育てた技術

操作がシンプルなのも嬉しい。撮影はシャッターボタンを押すだけ。Wi-Fi対応なので撮影したものをすぐにスマホなどで閲覧することも可能で、ライブストリーミングにも使える。

こんなに小さいのにかなりのスグレモノなのだが、NASA研究センター発のスタートアップ「Memora」が開発を手がけたと聞けば頷ける。

気になるお値段はというと、クラウドファンディングサイトIndiegogo で現在、予定小売価格25%オフの299ドル(送料別途)でプレオーダーできる。

どんな使い方ができるのか、まずは同サイトにあるデモビデオなどをチェックしてみてはいかが。プレオーダーは来年1月23日まで。

Luna/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。