ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

まさかの水没時も安心 各種スマートフォン対応IPX7等級防水ケース『Krusell SEaLABox XL』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Krusell SEaLABox XL

海やプールが楽しい季節ですが、あなたのスマートフォンの防水対策はだいじょうぶ? フォーカルポイントコンピュータは、au『INFOBAR A01』やドコモ『Galaxy SII』など各種スマートフォンに対応した、スウェーデン生まれのIPX7等級防水ケース『Krusell SEalABox XL』を七月下旬に発売します。また好評発売中の『iPhone』用ケースには新色オレンジを追加しました。

Krusell SEaLABox XL カメラ部分はクリア素材を使用

『Krusell SEaLABox XL(クルセル シーラボックス エックスエル)』は、ケースを装着した状態で各種スマートフォンの操作を行える防水ケース。最大でW66×H127×D15mm程度のスマートフォンを収納でき、フロント/バックにはタッチスクリーン操作可能な特殊パネル素材を採用しています。一般的なスマートフォンのカメラ位置に合わせて2か所にクリア素材を使い、収納したままでカメラ撮影も可能。IPX7の防水性能(水深1mに30分間耐えられる程度)を活かして水中撮影も行えます。

Krusell SEaLABox XL 装着方法

ケース本体は、タッチ操作対応のパネル2枚と固定用レールで構成。パネルでスマートフォンを挟むようにして、2本のレールを上下からスライドさせて取り付けます。非常にコンパクトなケースですので、海水浴やプール、サーフィンやカヤック、釣りなどのアクティブなシーンでも気軽にスマートフォンを持ち運べます。

Krusell SEaLABox XL ストラップ装着時

また、アウトドアで砂やホコリで汚れたときはケースごと水で丸洗いOK。ストラップホールを上下各1か所ずつ配置しているので、付属のネックストラップで首から下げておくこともできます。カラーは、ブラック、ホワイト、ピンク、オレンジの4色展開。本体サイズはW83×H143×D11mm、重さ約32g、同社直販サイト『FOCAL STORE』での販売価格は6480円(税込み)。

“水没”が心配な人はふだんからこのケースを使っていたら安心ですね。

参考記事)
『iPhone』で水中撮影ができる スウェーデン生まれの小型ケース『Krusell SEaLABox』
ポチャン!『iPhone』が水没した時の応急処置6つのポイントを覚えておこう

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。