ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『マリメッコ』創業者の人生を描いた話題作が来年春に公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

独特のテキスタイルが幅広い世代に支持され、日本にも根強いファンを持つ北欧のファッションブランド『マリメッコ』。その創業者であるアルミ・ラティアのパワフルな人生を描いた『ファブリックの女王』が、2016年5月よりヒューマントラストシネマ有楽町・渋谷ほか全国で順次公開される。
1951年、戦後間もないフィンランドで、高い理想を持って『マリメッコ』を立ち上げ、瞬く間に世界的なブランドへと押し上げた女性、アルミ・ラティア。ファブリックのデザインにとどまらず、人々の幸せな未来のために、ライフスタイルをも変えようとしたアルミの「何をも恐れない」パワフルで波瀾万丈な人生を、彩り鮮やかに描いた本作。監督を務めたヨールン・ドンネルは、ベルイマン監督作『ファニーとアレクサンドル』のプロデューサーとしてフィンランド人で唯一のオスカー賞を受賞した人物であると同時に、初期マリメッコの役員でもあり、アルミを描くにはまさに最高の人物だと言えそう。
また、創業65周年を迎える2016年は、1月より全国巡回する国内初の大規模展覧会『マリメッコ展—デザイン、ファブリック、ライフスタイル 布からはじまる北欧のくらし』(※)が開催される予定など、ブランドの原点を振り返るのにふさわしい年となっている。2016年は私たちの愛すべき『マリメッコ』に注目したい!

※ 2016/1/23~3/27 高知県立美術館、4/23~7/11 島根県立石見美術館 等にて開催予定

『ファブリックの女王』
2016年5月より ヒューマントラストシネマ有楽町・渋谷ほか全国順次公開予定
監督:ヨールン・ドンネル
主演:ミンナ・ハープキュラ
2015 年/フィンランド/フィンランド語/カラー/85 分 原題:Armi elää! /英題:Armi Alive!
協賛:Marimekko
後援:フィンランド大使館
提供・配給:パンドラ + kinologue
www.q-fabric.com
© Bufo Ltd 2015

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP