体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

弟の姉×少年Tインタビュー「マイリストに登録してくれた人たちに感謝」 ニコニコミュージカル『カンタレラ』

エンタメ
『カンタレラ』でルクレツィア・ボルジアを演じる「弟の姉」さん

 2008年2月、黒うさPさんによりニコニコ動画に投稿されたボーカロイド楽曲『カンタレラ』。この人気楽曲を原案としたニコニコミュージカル『カンタレラ』が、2011年8月3日から上演される。すでに7月2日からリアルチケットの一般発売も開始され、徐々に期待が高まる中、ルクレツィア・ボルジアを演じる「弟の姉」さんと、ホアン・ボルジア役の少年T(Tomohisa)さんが、ニコニコニュースのインタビューに応えてくれた。ニコニコ動画の「歌ってみた」で注目を集め、初のミュージカルに挑戦する2人に、現在の心境や抱負を聞いた。

■心境は「ワクテカ」と「ガクブル」

――お2人ともミュージカルは初めてということですが、今の心境を聞かせてください。

少年T: 舞台の経験はありましたが、ミュージカルは初めてです。今の心境は、ウキウキとワクワクとドキドキ。とにかく光栄で感無量で、楽しみなのは確かです。

弟の姉: 私も同じくワクテカと、それからガクブルもありますね。本番を想定したときに、もし台詞をど忘れしてしまったらどうしよう、動きが分からなくなって固まってしまったらどうしようと考えてしまうと、怖い部分はあります。でも、もともと歌うことが好きですし、台詞に感情を込めたりするやり取りがすごく楽しいので、怖いという気持ちは2割くらいあるんですが、あとは「楽しみだ」とか「やってやるよ」という気持ちの方が大きいです。

少年T: 弟の姉さんは、何か演技をやっていらしたんですか?

弟の姉: 何もやっていないです。声優さんや俳優さんの真似事しかしていないので、本当に未経験の状態です。

少年T: でもワークショップ(芝居の稽古)を見ていて、すごいなって思いました。初めてなのに、こんなにしゃべれるんだって。歌のライブで人前に立ったりしていたからか、台詞をしゃべるにしても堂々としていたと僕は思いました。

――それぞれの役についてはいかがでしょう?

弟の姉: 今ワークショップでやっているのも男尊女卑がテーマで、今回のルクレツィアも自由な恋愛ができないんです。歴史って同じような感じで歩んできているんだなって。バツ3の役なので、何回も結婚できていいなって最初は思っていたんですけど、その後文献をちゃんと調べて、政略結婚の道具にされていたのを考えると、やっぱりうれしくないなって思いました(笑)。

少年T: ホアンとしてではなくて、僕(少年T)が自然体で演じればいいのかなと思いました。歳も同じくらいなので。

――ホアンのほうがルクレツィアよりお兄さんですよね。

弟の姉: 少年Tさんを写真で見ていたときは童顔な方というイメージだったのに、初めてお会いしたら意外と身長が高くて、オーッと思いました。大きいお兄さんですけど、(ルクレツィアの兄)チェーザレ・ボルジア役の兼崎健太郎さんがさらに大きい方なので、身長の比率はすごくバランスがいいです(笑)。

1 2 3 4次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会