ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レガシー端末「HTC HD2」にAndroid 6.0が移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今や ROM 開発者たちのモルモットと化している「HTC HD2」に Android の最新版「Android 6.0(Marshmallow)」が移植されました。HTC HD2 は 2010 年に発売された当時のハイスペックな Windows Mobile 端末でした。4.3 インチ WVGA 解像度のディスプレイや Snapdragon S1 QSD8250 1GHz シングルコアプロセッサ、512MB の RAM、512MB ROM などを搭載しています。今回の移植劇は Android 6.0 ベースで開発されている CyanogenMod 13 を利用して行われました。カーネルも独自にビルドされたもので、なんとか動くようにしたという感じです。そのため、通話やデータ通信、Bluetooth、USB テザリング、マスストレージモード、MTP、カメラなど様々なところに問題を抱えており、常用レベルではありません。HD2 は元々、Windows Mobile 6.5 を搭載していましたが、ハードウェア的には Android も動作することから、これまでに様々な方が最新 OS の移植に取り組んむなど愛され続けていました。Android 6.0 でも移植は止まらない模様です。Source : XDA

■関連記事
サンワサプライ、USB Type-AとType-Cを両方備えたUSBメモリ「600-3TC」シリーズを発売
HTC One X9は来年発売、Wi-Fi Allianceの認証も取得
Sony、東芝のCMOSイメージセンサー事業を買収

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP