ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

USB OTG無しでファクトリーリセット防止機能を回避する方法が発見される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.1.1 以降の一部の機種に備わっているファクトリーリセット防止機能を USB OTG 無しでも回避できる方法が発見されました。ファクトリーリセット防止機能は、端末が盗まれた場合でも自分のものにされないよう工場出荷時状態に戻せなくする機能です。Android 6.0 以上では搭載が必須条件になっています。過去に発見された手法では USB OTG の外付けストレージが必要になっていたのですが、今回の手法では、認証時に PC と USB ケーブルで接続し、ある ADB コマンドを実行すると「設定」メニューが表示され、「バックアップとリセット」からファクトリーリセットを行った後に ROM を再度インストールすると、次回のブートで認証が不要になるというのです。しかし、これには ADB が(初回ブート時点で)常に有効である必要があるので、公式 ROM の場合ではなく、カスタム ROM を使用した場合に限った話しです。Source : XDA

■関連記事
Google、一部のGmailユーザーをデフォルトで「Inbox by Gmail」にリダイレクト
Sony Mobile、テレビ番組検索アプリ「TrackID TV」を2016年1月末でサービス終了へ
Google、標準アプリ「Dialer」と「Contacts」をGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP