ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホのバッテリーでデジカメも充電できるケーブル「PowerMe」が便利そう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンにタブレット、デジカメ、Bluetoothイヤホン−。それらはいずれもバッテリーがなければ作動しないもの。

そこで、マイクロUSB端子搭載のモバイル端末から他の端末やガジェットにバッテリー融通できるケーブルを今回は紹介しよう。

・Android、Windows、iOS端末で使える

イタリアのスタートアップが開発し、現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集している「PowerMe」というのがそれ。

これを使えば、マイクロUSBタイプのデバイスからバッテリーを“吸い取る”ことができる。PowerMeの両サイドはマイクロUSB端子だが、片方にアダプターをつけることでiOSデバイスにも対応する。

つまり、片側にライトニング用アダプターをつけるとAndroid携帯からiPhoneを充電でき、Android端末とマイクロUSB端子のガジェットをつなげるとAndroid端末からガジェットにバッテリーが移せる。

・データのシンク・共有も!

また端末間をつなぐと、バッテリーだけでなくデータ移送も可能。なので、友達の端末にバッテリーを“おすそ分け”してあげながら写真やファイルのデータを同期・共有することもできる。

そしてPowerMeにはUSBアダプターもついてくるので、これを活用すると、USB活用のガジェットも充電対象となるほか、PCにもつなげられる。

・来年1月から発送予定

Indiegogoではすでに目標額を達成し、商品化はほぼ確実となった。便利さに加え入手しやすい価格も魅力で、USBアダプターがついたベーシックタイプが11ドル、これにアップル用のライトニングアダプター1つを加えたセットが13ドルとなっている。

電池ではなく、充電で作動するガジェットが増えている昨今、持っていると便利かもしれない。出資は来年1月7日まで受け付け、同月にも発送が始まる見込みというのも嬉しい。

PowerMe/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP