体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェモニ】スマートフォン専用のソーラーバッテリー『iCharge USA』読者レビュー

r0015087

ガジェット通信の製品モニター募集『iCharge USA』にたくさんのご応募をいただきました。当選された方々から届いたレビューをご紹介いたします。今回は4人の方のレビューを採用させていただきました。

【募集終了しました】スマートフォン専用のソーラーバッテリー『iCharge USA』のレビューをしてくださる方募集【ガジェモニ】
http://getnews.jp/archives/119508

今回は「株式会社リンクスインターナショナル様」から『iCharge USA』をご提供いただきました。

*   *   *   *   *

杏野はるなさんのレビュー

こんにちは、杏野はるなです。

「あづい、あづい。」

2011年7月の東京は暑いを通り越して「あづい」のです。太陽は容赦なく照りつけ、アスファルトからの放射熱はこれでもか! と下から照らしてきます。「あづい……。」しかしっ!これでいいのです。これでこそ夏!正しい日本の夏はこうでなくてはいけません。

さらに今回は『iCharge USA』という充電の強い味方が私にはついているのだ。この『iCharge USA』ほとんどの携帯、スマートフォンの充電が可能であり、しかもソーラーでの蓄電が可能なのです!! つまり、このしゃく熱の太陽のパワーを我の力に!! ということなのです。

「まさか太陽様も自らのジリジリアヅアヅ攻撃が人間の充電パワーに変化しているとは思うまい」と変な擬人化を考えてしまう程この『iCharge USA』は優れもの。

r0015081

写真1:杏野はるなさんと『iCharge USA』
例えば夏と言えばキャンプや海遊びですが、これを持って行けば虫取りをしている間、海で浮き輪で浮いている間にソーラーパネルはたちまち電気を生産し、遊びを終えた頃には充電完了!(充電時間等は仕様をご覧ください)となってしまうのです。

そしてなによりこの『iCharge USA』は私のような女の子でも軽々と持ち運びができ、しかもカラーもデザインもオシャレ。携帯等のバッテリーというと、どうしても男の人の仕様がメインだったのですが、これには満足です。もし欲を言わせていただけるならば、小さくても良いのでLEDライトが付いていたり、カバン等につるしておけるようなストラップの装着ができると最強かも……。

この夏は『iCharge USA』を持ってでかけよ!! はるなはキャンプに持って行くよ。

*   *   *   *   *

シャルさんのレビュー

私は、ガラパゴス・ケータイ1台とスマートフォン3台を所有してます。出かけ先で動画を良く見るせいか、スマホのバッテリーの減りが早いので『エネループ』のバッテリーを携帯しているのですがちょっと重いと思ってました。東北関東大震災を入院していた浦安の病院で経験して何度か入院中に計画停電で電気が使えなかった事もあり、電気が数日来なかったらどうなるんだろう、と考えながら今回たまたま目に付いた『iCharge USA』のモニター募集に応募しました。

袋から取り出してみた私の第一声は「箱でかっ!!」でした。だけど、中には以外にコンパクトなソーラーバッテリーが入ってました。大きさと厚みはauの『CA004』と大体同じ位です。バッグやポーチに入れる分には問題ない大きさだと思います。ストラップ用の穴もあるので、ストラップをつけてバッグにそのままつり下げて歩きながら充電なんて事もできるんじゃないかと思います。重さはずっしりと重みがある『エネループ』のバッテリーと比べると非常に軽いです。中にケーブルと差し替え用コネクタがあるのですが日本製のガラパゴス・ケータイのコネクタはないので別途用意する必要があります。

箱も説明書もやはり英語でしたが操作は簡単なので説明書を見る必要もなかったです。バッテリーを充電してスイッチonにして携帯を充電するだけなので「これからのために節電は考えてる。でも機械が苦手なんだけど……」という人でも十分使えると思います。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会