ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung考案のフレキシブルディスプレイを活用した4つのスマートフォン向けフォームファクター

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が米国で出願したスマートフォン関連の特許の中で、フレキシブルディスプレイを活用いた新しいフォームファクターの案が判明し、将来の機種で採用されるのでは?と注目されています。Samsung 考案の新しいフォームファクターは、ロール型、タブ型、ブック型、ベンド型の 4 つで、どれも現在のスマートフォンの形状からするとあり得ないと思う外観です。ロール型は、ディスプレイ部分を巻き取ることが可能なフォームファクターで、タブ型は折りたたみ式フォームファクターなのですが、開いた時に特定のアプリが起動するタブも備わっています。ブック型は MEDIAS W のような見開きで使うフォームファクターで、ベンド型はスマートフォンのディスプレイが自在に動くようになっています。Source : Patently Mobile

■関連記事
定番のGPSテストツール「GPS Status & Tools」でメジャーアップデートが実施、アプリUIがリニューアル、データの共有機能が追加
Google、世界の様々な芸術作品や伝統文化をギャラリー化した新アプリ「Arts & Culture」をリリース
NTTドコモ、ギフトサービス「ギフトコ」を提供開始、Androidアプリもリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。