体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ONOE フォールディングBBQコンロ』で独りバーベキューをエンジョイしてみた

a4-23_R

最近はキャンプ場でも”直火禁止”の場所が増えていて、焚き火をするのにも道具が必要になって来ました。と、言う訳で今回は一人~二人向きの小型焚き火台

『ONOE フォールディングBBQコンロ』(以下、フォールディングBBQコンロ)

を紹介してみましょう。この『フォールディングBBQコンロ』を使えば”直火禁止”のキャンプ場などでも焚き火が出来るので、ソロキャンパー、特にバイクでツーリングキャンプする人達の定番アイテムとなっています。

『フォールディングBBQコンロ』は折り畳み式なのでコンパクト!

a4-7_R

この『フォールディングBBQコンロ』の最大のポイントは”折り畳み式”という点に尽きると思います。

写真のようにA4サイズのファイルフォルダーのような収納ケースに入っていて、使用時に組み立てます。

組立と言っても、パタパタと開いてガチャッとハメるだけなので、誰でも簡単にセッティングする事が出来ます。

14-30_R

収納ケースの中には、網と”反射板”も入っています。

a4-2_R

この反射板を使うとテーブルの上などでも使用出来るので、便利ですね。

a4-12_R

大きさ的には写真の通りで、網の大きさと言うか面積を考えると、二人くらいがベストでしょうか?

肉を焼くだけなら四人でも行けそうですが、飯盒やホイル焼きを平行して調理する事を考えると、やはり二人くらいで使うのが現実的です。

a4-13_R

試しに家で組み立てみましたが、説明書を読まなくても数分で組み立てられました。

作りはガッシリしていて、特に炭に触れて高温になる”ロストル”(底網)の溶接はしっかりしていました。

『フォールディングBBQコンロ』で火を起こす

a4-1_R

火の起こし方は、一般的な”焚き火台”やバーベキューコンロと同じです。

用意した炭を底に並べて、あとはガンガン焚き火して、炭に火を付くのを待ちます。

a4-3_R

商品の特性上、網をどかさないと薪や炭などの燃料を追加する事が出来ないので、枝や薪だけではなく火持ちの良い炭を併用するのが良いでしょう。

炭に火が着いたら、いよいよ調理開始です。

順番的には最初に飯盒を乗せて、米を炊いてしまった方が楽ですね。あとはメニュー次第ですが、ホイル焼きのホイルを乗せておくとイイ感じです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。