ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【究極】ラーメン二郎を極めたジロリアンが神の領域に達したジロリアン神 / ニンニクマシマシにしないヤツは重罪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

野菜、脂、ニンニク、カラメ(醤油)、そのすべてに意味があり、そのすべてが旨味を放出するラーメン。それこそ、日本を代表するラーメン屋「ラーメン二郎」のラーメンである。

・ジロリアンの定義は非常に厳しい
あまりにもラーメン二郎が好きすぎる人たちを「ジロリアン」と呼ぶ。古より伝わる文献によれば、ジロリアンの定義は非常に厳しく、週に3回以上ラーメン二郎を食べている人でないと、ジロリアンの称号を得ることはできない。

・インチキジロリアンが増えている
たまに食べているだけでジロリアンを名乗る「自称ジロリアン」(インチキジロリアン)が増えつつあるが、「普通のラーメン二郎好き」と「ジロリアン」との間に、越えられない壁がある事を肝に銘じよう。ただラーメン二郎が好きなだけでは、決してジロリアンではない。まさに身の程しらず。おこがましい。決してジロリアンを名乗らないで欲しい。

・神の領域に達した存在がジロリアン神
そんなジロリアンのなかでも、さらに上をゆくレベルのジロリアンがいる。それこそ、日本に数人しか存在しないジロリアン神(ジロリアンゴッド)。週に5回以上食べ続け、ラーメン二郎を極めたジロリアンが、神の領域に達した存在がジロリアン神なのだ。

・ジロリアン神は短命
一般人や自称ジロリアンはもちろんのこと、本物のジロリアンからも「ジロ神さま」(ジロガミサマ)として崇められる存在。ジロリアン神は短命であることが多いらしく、その実物を見たことがある人は限りなく少ない。そんなジロリアン神に一度だけお会いしたことがあり、そのとき彼が言っていた言葉が今も心に残っている。

・ニンニクマシマシにしない軟弱者が多い
「ラーメン二郎にてニンニクマシマシは常識。可能なかぎりニンニクマシマシアブラアブアブラ」。そんなことを言っていたジロリアン神。ニンニクマシマシにしないヤツは重罪なのだ。確かに、ラーメン二郎のラーメンはニンニクを入れてこそ完成形になるにもかかわらず、ニンニク抜きだったり、ニンニクマシマシにしない軟弱者が多い。

・敬意を表して食べるべき
ラーメン二郎は、非常にこだわりと歴史があるラーメンだ。生半可な気持ちで食べているのであれば、いつまで経っても本当のおいしさに気がつくことはない。店の職人たちは軽い気持ちでラーメンを作っているのではない。客として、サポーターとして、最高のコンディションで敬意を表して食べるべきなのだ。

・可能ならアブラアブアブラに増強
一般人の皆さんも、ラーメン二郎に行った際はニンニクマシマシを基本とし、可能ならアブラアブアブラに増強し、ジロリアン神が推奨する味に近づけるべきである。ちなみに、ラーメン二郎の最適な食べ方について店員に聞いたところ「お客さんが好きなように食べてください」と言っていた。なるほど。

https://youtu.be/XQK4rRS_piE

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/11/28/jiro-ramen-jirorian/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP