体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

反原発派はマイカー全廃に賛成を

フリーライター宮島理のプチ論壇 since1997

今回は宮島理さんのブログ『フリーライター宮島理のプチ論壇 since1997』からご寄稿いただきました。

反原発派はマイカー全廃に賛成を

反原発派がよく言う「こどものいのちを守れ」というスローガンに違和感を覚える。都市部住民を扇動するために原発事故を政治利用しているだけではないのだろうか。

原発事故で対応が急がれるのは、まず、現場で復旧作業にあたっている作業員の環境改善である。彼らは、急性放射線障害という危険と隣り合わせで働いている。今のところ、原発事故による死者はゼロだが(過労と思われる原因で亡くなった作業員はいた)、現場の環境が改善されなければ、急性放射線障害による死亡という最悪の結果も招きかねない。現場に“特攻”を強いることなく、最大限、作業員の安全を確保しながら、長期戦で復旧を進めていくのが政治の責任である(その点で、目算もなく場当たり的に安全性度外視で現場に“特攻”を強いた菅政権は指揮官失格)。

次に対応すべきなのは、原発周辺の土壌汚染と海洋汚染である。これは、農業や漁業に大きな影響を与えるので、金銭的な補償をしながら、除染を進めていく必要がある。こちらも、おそらく長い戦いになるだろうが、じっくりやっていくしかない(その点で、東電というか東電労組を守るために賠償スキームを作った菅政権は最悪)。

続いて、現在避難されている人々が自宅に戻れるようにしなければならない。こちらは、土壌汚染や海洋汚染への対応よりは短期間で終わるだろうが、それでも今日明日というわけにはいかない。同じく、金銭的な補償をしながら、放射線量を注視し、必要に応じて除染を進めていく必要がある(その点で、避難の初動を誤り、逆に住民の被曝量を増やした菅政権は論外)。

以上が、原発事故による本質的な被害である。現場作業員の急性放射線障害の危険、原発周辺の土壌汚染と海洋汚染、避難している住民の生活と日常復帰、の3点に(政治的資源を含む)資源を集中させるべきだ(その点で、政治的資源を浜岡原発停止“要請”というパフォーマンスや“自然エネルギー”という夢物語に浪費させている菅政権を即刻退陣させなければ、原発対応は前に進まない)。

しかし、同じ福島県だからというだけで、風向き的に問題ないところで、反原発派が「こどものいのちを守れ」と煽っている。さらには、原発から遠く離れた都市部でも、「こどものいのちを守れ」コールが鳴り響いている。急性放射線障害が起こるわけでもない微量の放射性物質でそこまで騒ぐのは、都市部住民を扇動して、政治勢力を拡大したいからだとしか考えられない(「父祖の地を守れ」なら理解できるが、それでは原発周辺に限られてしまうので、むしろ都市部に拠点を置くべく「こどものいのちを守れ」という煽り方をしているのだろう)。

発癌性についても、因果関係が証明できない程度の微量な放射性物質でしかない。もちろん、リスクがゼロというわけではなく、リスクが多少は上がるだろうが、それでも他の要因を押しのけて、微量の放射性物質が主因になるかどうかは証明が難しいだろう。もし、「こどものいのちを守れ」という政治スローガンがまかり通るなら、将来、まったく別の要因で癌になったケースまで、原発事故が原因だと難癖をつけて(因果関係は証明できないのだから感情論でわめき散らすだろう)、治療費を全額税金で補うということにもなりかねないのである。

「こどものいのちを守れ」と叫ぶ人が、原発事故を政治利用しているのではなく、本当に子どもたちの生命を心配しているのだというなら、そういう人は漏れなくマイカーを保有していないと信じる。そして、「マイカー全廃」という私の主張に賛同してくれるはずだ(マイカー全廃は半分皮肉だが、半分本気で考えている)。

マイカーから出る排気ガスには発癌性*1 がある。ディーゼルエンジンなら紫外線と同程度、ガソリンエンジンならコーヒーと同程度の発癌性だ。仮に、マイカーの中でタバコを吸っていたとしたら、放射性ヨウ素と同程度の発癌性を持つ受動喫煙も行われていることになる。喫煙者でマイカーを運転しながら、「こどものいのちを守れ」と反原発を訴えている奇特な人はまさかこの世に存在しないだろう。

*1:「IARC発がん性リスク一覧」『フリー百科事典 ウィキペディア』
http://ja.wikipedia.org/wiki/IARC発がん性リスク一覧

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会