体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドキュメンタリー監督が語るPerfumeの魅力「その成長に止まる気配が無い」

poster2

アメリカ、ヨーロッパ、アジア各地を回った「Perfume WORLD TOUR 3rd」の裏側に完全密着したPerfume初の映画となる『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』が大ヒット上映中(そろそろ上映終了が近いので、まだの人は急いで!)。

結成15周年、メジャーデビュー10周年となったアニバーサリーイヤーに行った海外ツアー「Perfume WORLD TOUR 3rd」など、海外での活動を中心に、約2カ月間にわたり密着して撮影された映像を中心に構成された本作は、今のPerfumeの集大成! と言える濃密な内容。

監督を務めた佐渡岳利さんは、NHKの音楽番組のプロデューサーを務め、『ポリリズム』の頃からPerfumeと番組作りをしてきた、3人をよく知る人物。今回は、佐渡監督に映画について、Perfumeの凄さについて、色々とお話を伺って来ました。

佐渡岳利監督

―映画、Perfumeファンとしてはたまらない内容で、感動しましたし、笑ってしまうシーンも多くてとても楽しめました。膨大な記録映像を映画サイズに編集するのは大変だったのでは無いでしょうか?

佐渡監督:そうですね。ただ、長時間も撮っていても、編集する時には「あのシーンを使おう」「あのライブの時に使いたい場面があったかも」と自然と頭の中で組み立てている部分がありました。もちろん、細かい部分は覚えていないので、全部は見直すんですが(笑)。

―いろいろハプニングもありましたね。

佐渡監督:Perfumeと一緒にいるとなぜか何かが起きるんですよ(笑)。僕は以前NHKで放送されたPerfumeのドキュメンタリーを作らせていただいたり、『MUSIC JAPAN』の担当をしていた事もあり、付き合いは長いのですが、毎回それは不思議です。

―今回改めて映画を作る事になったきっかけは、どんな事だったのでしょうか?

佐渡監督:東京ドームでの初公演や、初めてのワールドツアーとか、節目節目でドキュメンタリーを撮ってきました。そして、今年はメジャーデビュー10周年で、しかも結成15周年という節目なので何か大きな事をやりたいなと。それでこういう形になりました。

テレビのドキュメンタリーは、Perfumeをあまり知らない方もご覧になるので、基本的な「Perfumeとは何か」という事を説明しなくてはいけませんが、映画は、わざわざ映画館に足を運んでくださる方が対象ですから、ある程度Perfumeに興味がある方ですよね。ですので、「観た事ある様な映像ばかりだな」とか「こんなの知ってるよ」と言うのは避けたいなと意識して作りましたね。

―確かにPerfumeのファンの方ってアツいですし、これまでに発表された映像の類いは観ている人も多そうですものね。

佐渡監督:そうですね。でも、といっても何か珍しい事をするわけでは無く、今回の映画は基本的にワールドツアーの様子をそのまま映したという感じなんです。ありのままの映像にメンバーの個性がにじみ出るという手法ですね。。

―確かに、この映画を観て改めてPerfumeのメンバーのそれぞれの違いを感じて、魅力的だなあと。

佐渡監督:面白いですよね。映画の中で、メンバーが他の2人について語っているパートがありますが、本当にそんな感じです。あ〜ちゃんは、ムードメーカーで、プロデュース力がある。ゆかちゃんは、とてもしっかりしていて気がつくタイプで、番組とかで、「あのトークが撮れてないですけど、大丈夫ですか?」なんていう事を心配してくれたりします。のっちは、あまりこまかいことを考えないので、まわりをポジティブな雰囲気に変えることができるんです。三人三様で、いいバランスですよね。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。