ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

都市計画に疑問を持っている人は是非 『マスタープラン見直し委員会』を傍聴しましょう

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
会議メンバー

都市計画というと知らない間に自治体が行っているというイメージです。大体はあとから文句を言う人が多いという感じです。
今回、筆者の地元豊川市の『都市計画マスタープラン見直し委員会』を傍聴することができました。
内容とは関係ないですが、それぞれの人の前には高感度なマイクが設置されており、小声で話してもしっかりと聞こえるところには感心しました。
普通の会議ではスルーされそうなつぶやきも確実に全員に聞かれてしまいます。緊張感はありますね。

都市計画マスタープランとは?

1992年に都市計画法改定によって生まれたプランで、市町村が方針を定めるプランのことです。従来と違うのは「必ず住民の意見を反映させるために必要な措置を講ずるものと」という規定があることで、住民の意見が反映されているところです。
今回の豊川市では、無作為のアンケートとともに、見直し委員会の中に有識者や住民を含めた外部の人がメンバーであることです。
第一回の見直し委員会に取材ということで入れましたので感想を含めて記事にしました。

市長挨拶

市長挨拶

聞きたい人は聞けるように傍聴や取材できます

「知らない間に決められている」という苦情があったのかは知らないですが、傍聴席と取材席が用意され、広く一般に会議の内容を広めようという動きはあります。
ただ、写真、動画、音声ともに議事進行中の撮影、記録は禁止されており、議事が始まったらあとはペン取材のみです。
ちなみに公開される議事録も、だれが発言したかということは伏せられます。これにより発言が行いやすくなります。
あと、記者席には誰も座っておらず、傍聴席には市民ではなく弁護士バッジを付けた人だけでした。せっかく傍聴する機会が与えられているのに残念だと感じました。
あと、傍聴者と記者に対しては会議参加者と一緒の配布資料が配布されました。

どのようなことが話されるのか?

今回の豊川市の議題としては、「コンパクトシティ」という方針に変更していくということでした。
コンパクトシティとは衣食住が狭い範囲で出来る都市のことで、近年の都市計画として理想とされる方針です。
特に子供や年配者に優しいとされ、自動車による移動も減るため環境にも優しいとされています。
区市町村によって具体的な話題は異なりますが、住民にとっては重要なことが話されるのは予想できます。

議長

議長はメンバーの中の有識者(大学教授)から選ばれました

有識者と関係者の知識のギャップは大きいと感じていました

集められたメンバーは大学教授などの有識者や一般公募で集められた市民などです。
当然、会社や学会の会議と違い、知識や情報収集能力、話のまとめ方などの考え方が違いすぎ議題が収束しないという部分が多くみられました。
また、意見も多くは出ずに、議長が無理やり引き出している部分も感じられました。

感じた問題点

有識者と関係者の知識のギャップ以外にもいろいろな問題点を感じました。いろいろな方面の人が参加することは良いですが、プレゼンテーション、会議慣れしていないと厳しいのではと感じました。
気になったことは

・市民代表の回答に対して即答せずに保留としたものが多く感じられる。
・PDCAサイクルを回しているという部分が新しいという発言。(一般企業は当然回している)
・無作為アンケートに対する疑問がでる。(実際、無作為アンケートは全体意見を調べるのに有用)
・達成度と満足度という数値化に対して疑問を持つ参加者。(統計的調査をするには数値化は必要)
・アウトプット アウトカムという聞きなれない言葉に質問がない(アウトプットは出力、アウトカムは有効な出力)
・市民代表からコンパクトシティは実現可能なのかという意見(このような質問が出るということは会議のビジョンがぶれている)

です。 
民間企業の普通の会議経験があると非常にもどかしい部分もありますが、第一回の会議なので、二回目三回目と繰り返していくとより良い議論ができるのではと期待しています。

このような会議の情報は区市町村の広報誌に掲載されているので、興味がある人は是非傍聴してみてください。当然、無料で住民であればだれでも入場できますが、席に限りがあるので早めに行くのが良いです。

傍聴者の注意

傍聴人は聞くことしか許されません。質問や意見はできません。ぐっとこらえてください。歓声やヤジ、賛成の拍手、プラカード、ハチマキやメッセージ性のある服装での入場は禁止されています。

注:本記事は正式な会議記録ではございません。正式版の議事録及び決定事項は正式資料を入手してください。

都市計画マスタープラン 豊川市
http://www.city.toyokawa.lg.jp/shisei/toshikaihatsu/toshikeikaku/toshimasteriin/toshimasterplan.html [リンク]

都市計画マスタープラン 見直し委員会 愛知県豊川市 (YouTube)
https://youtu.be/IPR6EFsNPUA

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 動画解放軍) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。