ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年も注目の健康食品『すんき』を味わえるイベントが銀座で開催されるゾ!「信州そばスペシャルウィーク」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


長野県木曽町に伝わる伝統の漬物『すんき』をご存知でしょうか?日本テレビの「ヒルナンデス!」などでも取り上げられ、他のテレビ番組でも紹介された注目の健康食品です。

長野県木曽町といえば、「日本で最も美しい村」連合にも所属する、日本の中でも素晴らしい景観、環境、文化が揃った町の1つとしても有名な場所。

そんな美しい町の特産品で最近話題となっている『すんき』を味わえるイベントが東京・銀座で開催されるそうです。イベントの名前は、「信州そばスペシャルウィーク」。

実はこの『すんき』、長野県木曽町周辺でしか作る事が出来ない非常にレアな漬け物です。


なぜなら、この『すんき』は乳酸発酵させてつくる漬け物ですが、「すんき菌」とよばれる独特の乳酸菌が必要で、それは長野県御嶽山麓の火山灰地に育つカブ菜にだけしか存在しない乳酸菌とのこと。

その「すんき菌」によって塩を一切使わずに茎と葉を乳酸発酵した漬物が『すんき』です。塩を一切使わない、そして独特の乳酸菌が持つパワーで、最近になって健康食品として注目を集めています。

毎年カブ菜の収穫時期は10月から12月で、この時期にしか『すんき』を作る事はできないので、この時期以外に本物の『すんき』を買う事はできませんし、木曽町以外の『すんき』は本物の『すんき』ではない、ということになります。

今回のイベントではこの注目の健康食品『すんき』に、手打ち蕎麦を合わせた「すんき蕎麦」を味わえるそうです。

木曽町のお蕎麦の特徴はまずそば粉にあります。御嶽山麓にある開田高原でとれるそば粉は寒暖の差が非常に激しいため、とても甘みがある香り豊かな新蕎麦を味わう事ができます。

さらに蕎麦ツユも他とは少し違います。蕎麦ツユには煮きったお酒がたっぷりと使われているため、独特の甘みと深いコク、そしてウマミが非常にたっぷりと含まれています。

アツアツでウマミたっぷりの蕎麦ツユに打ちたて湯でたての蕎麦を合わせ、サッパリとした酸味のある『すんき』を加えると、体の芯から暖まる「すんき蕎麦」になるのです。

新蕎麦の喉越しと香りに『すんき』のシャキシャキの食感と酸味、そして蕎麦ツユのウマミとコク、心も体も元気になる長野県木曽町の味を、是非イベントで試してみてください。

<イベント詳細>
信州そばスペシャルウィーク第3日 開田そばとすんきそば[あいばし亭・木曽町開田高原]

開催日:2015年12月08日(火)
場所:銀座NAGANO しあわせ信州シェアスペース
住所:東京都中央区銀座5丁目6-5
問合せ先:長野県信州ブランド推進室 TEL 026-25-7249
時間:10:30~/14:00~/17:00~
定員:各20名(申込先着順)
詳細:https://www.ginza-nagano.jp/event/6525.html

参加したいけれど、都合があって参加できないという方は、おんたけ有機合同会社で「すんき」と「蕎麦」をゲットしてみてください。

また長野県木曽町ではふるさと納税も受付しているので、「すんき」や「蕎麦」だけでなく、松阪牛の種牛として知られ、幻の牛肉といわれている木曽牛も味わう事ができますよ!

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

Via: 長野県木曽町公式ホームページ http://www.town-kiso.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP