体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブロガー御用達『iPad』用HTMLエディタ『DPad HTML Editor』

ブログ記事作成に特化したiPad用HTMLエディターとして知られる『dPad HTML Editor』が、バージョンアップに伴い名称を『DPad HTML Editor』とし、更なる使い勝手向上が図られた。

今回はバージョンアップの追加要素を含め、『DPad HTML Editor』の仔細をお伝えしようと思う。尚、一部機能名称は正式なものではなく、記事用に著者が名付けたものである。ご了承頂きたい。

DPad HTML Editor(以下DPad)概要

メイン画面

他のiPadテキストエディターと同じく、保存を意識しなくてもよい。またファイルという概念がないため、このテキストフィールドで入力やクリアを繰り返すことになる。

DPadでの作業イメージ。作業の大半はこの画像のようなレイアウトで行う。

基本機能のアイコン

画面上部と下部に基本操作を行うアイコンが配されている。それぞれ人差し指の先程の大きさであり、画面の中で主張しすぎることもない。

キーボード

使用されるソフトウェアキーボードは、iPad標準の物。iPadが縦の場合には、他のAppと同じく若干縮小されたキーボードが表示される。

今回のバージョンアップから上部に配置されたDPad独自キー。←↑↓→キーはカーソル移動だけでなく、文字選択範囲の拡縮にも使える。指でのタップが基本のiPadに、これらキーが追加されただけで入力効率が格段に上がる。

フォントサイズ

表示されるフォントサイズは変更が可能。かなり自由度が高く、下記画像のフォントサイズも最大&最小値ではない。iPadは若者は勿論、高齢者の利用率も高いため、この機能は特に歓迎されるだろう。

1 2 3 4 5 6次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会