ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

携帯メールの返事をくれない人で「気づかなかった」って過去形で言う人ってなに? 気づいてるじゃん

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


携帯電話で最も活用されているであろうと言われているのがメールだ。これはスマートフォンでも状況は変わらず、MMSやメールを使う頻度が最も多いと言っていいだろう。もちろんスマートフォンの場合は携帯に比べほかのアプリを触る機会も増えたが、それでもメールがダントツと言っても良い。

そんな携帯でのコミュニケーションツール、メールで嘆かわしいことが起きている。なんと返事ができない人がいると言うのだ。これは男女関係なく存在する。今回はそんなメールの返事ができない人に、何故返信しないのかその心理を聞いてみた。

──めんどくさいという意見

この意見は最もシンプルかつ多くの人が経験するものであろう。メール無精でない人も返信し忘れることがあったり、そうでなくても返事が面倒だったりと様々な理由が混在する。それを「めんどくさい」の一言で片付けられるのは送信した側からしてみればショックな話だ。

──気づかなかった

これもシンプルな理由の内の一つだ。しかし中にはウソも交じっている。「なんでメールの返事くれなかったの?」と問いただすと決まり文句の返答が「ごめん、気づかなかった」だ。気づかなかったと過去形になっている時点でメールは見ているはずで、そのメールに返事を出せる状況にあるはず。今気づいたのならわかるが、だいぶまえに気づいたのにそれでもなおかつ返事をよこさないというのは無精か嫌われてるかどちらかだ。まあ察しろということだな。

──返事したくない

どうせなら「返事したくない」とストレートに言われた方がスッキリするものである。返事したくない理由を聞いてみると「その人が嫌いとかじゃなくてメールが嫌い」という。もちろんその人自身が嫌いで返事をする人も多いだろうが、今回話を聞いた人はメールが苦手な人であった。

──そもそも返事をしなくちゃいけない内容じゃなかった

これは私も経験がある。返事を必要としなさそうなどうでもいい内容のメールが来ると、確かに返事を出さないときがある。

──1度出すとメールリレーがいつまでも続くのが嫌だ

携帯のメールを出すとメールのリレーが続き、終わり際がわからないとのいう意見。深夜でもリレーメールが続き寝たいのに寝れない状況が嫌だという。メール好きにはよいだろうが、そうでない人にはうんざりだ。

──返そうと思ってたのに一方的に何通も来てた

返事しようかと思ってたのに一方的に何通もメールが来ていて、返事しない方が良いのかなと思ったという意見だ。確かに1通出すだけで更に多くのメールが来そうである。

──忙しくてメールに返事する暇がなかった

そう忙しいのである。芸能人並み。トイレにも行ってないんだな。そういうわけでなく、上記同様に1通送ったら何通もやりとりしなくてはならないのが面倒なんだと思う。携帯のメールは1通で完結しにくいもので、忙しい時にやりとりしてられないというのがホンネだろう。

──返事したいけど彼氏と一緒だった

むしろ返したい人の意見。しかし彼氏と一緒だったので返すことができないというのだ。デート中(彼氏と一緒の時)に携帯を触ると相手が誰であろうと怒るというのだ。もちろん中には浮気相手とメールをしている人もいるだろう……。

──友達と一緒に居た

上記意見の互換バージョン。これも同様に「メールを返信しない人」には分類されない。どちらかというと「メールを返信できない時」である。

──携帯のメールを立ち上げて文章打って……って作業がやだ

携帯(スマートフォン)のメーラを立ち上げて文章を入力して送信するという行為そのものが面倒だという。

──携帯はバッグの中に入れてるから気づきにくい

これは女性の意見。携帯電話はバッグの中に入れており更にマナーモードにしているため気づかないという。1日数回程度しか確認もしないという。携帯も容易に取り出してはいけない会社らしい。セキュリティの厳しい会社だと仕方ない。

そもそも何故携帯のメールだけは何故無視されるのか? 会社のEメールや『Twitter』の場合無視されにくい傾向がある。やってることは携帯のメールと変わりないのは確か。携帯のメール=個人情報という概念からそのツールでやりとりをしたくないのだろうか。そんな人に限って突然メールが来たと思ったら「お願いなんだけどお金貸してくれない?」などの頼み事である。

しかしこういったメールの返信をしない人に限って『Skype』や『Twitter』を盛んに使っていたりする。その心理こそよくわからない。それについて聞いてみると「携帯アドレスは仲の良い人にしか教えないけど、SkypeやTwitterやFacebookは公開されてるようなもの。それに暇な時を見つけてやれば良いんでしょ」という。最もな意見だが、それこそ暇な時があればメールにも返信してあげるべきだ。それとこれとは別なのだろうか。

携帯メールは個人ツールなので返信を出す出さないは自由であるが、これが業務のメールだと返事を出さないわけにはいなかいだろう。ちなみに記者は返事をもらえないどころが拒否られるよ。


心当たりがある方はオススメ


好かれるメール 嫌われるメール (静山社文庫)


ハッピーメール塾―楽しい恋のもりあげ方、教えます

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP