ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年度上半期の国内タブレットシェア、OS別ではAndroidがトップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MM 総研が 11 月 19 日に公開した国内における 2015 年度上半期(4 月 ~ 9 月)のタブレット出荷台数に関する調査結果によると、OS 別シェアで Android は iPad よりも多くシェアトップでした。この期間のタブレット総出荷台数は 446 万台で、前年同期よりも8.0% 増加しました。OS 別のシェアでは、トップの Android は約 212 万台(47.6%)。続く 2 位の iOS は約 160 万台(37.9%)。3 位の Windows は約 65 万台(14.6)でした。Windows はまだ iOS にすら及んでいませんが、着実にシェアは拡大しているので、ゆくゆくは上位の OS と並び、抜き去る可能性があります。メーカー別では、Apple がダントツ。2 位以降は、富士通、ASUS、Sony、Microsoft、Huawei という順でした。Source : MM 総研

■関連記事
KDDI、「Xperia Z5」に32.0.D.0.291へのアップデートを配信開始
Huawei、11月26日のMate 8発表イベントで中国仕様版Huawei Watchを発表へ
BlackBerry Privをカッターで擦ったり曲げたりしたテスト動画が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP