ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

21世紀の新しい医療の形!スマホを利用した遠隔診療プラットフォームが本格始動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高齢化・少子化とともに、多くの医療問題が浮き彫りにされる日本。それを解決すべく、国もいよいよ、IT活用に対する方針を固めたようだ。

この夏、厚生労働省は、情報通信機器を用いた診療に関する通知を発表。いわゆる遠隔診療について、「現代医学から見て、疾病に対して一応の診断を下し得る程度のものであれば、医師法第20条等に抵触するものではない」と表明した。

こうした動きから将来は、手持ちのデバイスを利用した遠隔診療が、頭角を現してくると予測される。

そんな中、早くも新しいサービスが登場。スマートフォンやパソコンを介して、医師から診療行為を受けられるプラットフォームサービス、「ポートメディカル」がリリースされた。

・約10種類のカテゴリーで診療行為を提供

「ポートメディカル」の主旨は、高血圧症をはじめとする約10種類のカテゴリーに限定した上で、それぞれに合った診療行為を提供すること。これにより、地理的な問題や時間的な制約で、病院へ行くことが困難であった状況が解決される。

併せて、病院に行かなくても、医薬品を受け取れるようになる他、直接対面では言いにくい内容を、インターネットから相談できるなど、さまざまなメリットが挙げられる。

・経験豊富な専門医が適切に対処

診察は、経験豊富な専門医が担当する。ただし、すべての症状において遠隔で診断するのは難しいので、その場合は医師の判断によって、直接対面の診療を推奨するそうだ。

今月スタートしたばかりの、「ポートメディカル」。今後は領域を拡大し、世界中どこからでも適切な診療が受けられるようなサービスをめざすという。21世紀の新しい医療は、ここから始まるのかもしれない。

ポートメディカル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP