ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オランダの若きスターDJ、マーティン・ギャリックスがウォーク・ザ・ムーンとコラボ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オランダの若きスーパースターDJ、マーティン・ギャリックスが、ウォーク・ザ・ムーンのリードシンガーであるニコラス・ペトリッカとロサンゼルスのTruth Studiosでスタジオ・セッションを行ったようだ。レコーディング・エンジニアのニック・ブレトンも一緒だったという。

 ブレトンいわく、2人は「一瞬にして意気投合した」といい、ギャリックスがいくつかのトラックを鳴らすと、ペトリッカは携帯電話にメモをとり始めたそうだ。

 同レコードの進行状況については、完全なヴァース部分やフックのアイデアが多数書き上げられ、ボーカルを“6、7テイク”レコーディングしたという。

 ウォーク・ザ・ムーンのインスタグラム・アカウントでは、「今週前半に若きスーパーヒーロー、マーティン・ギャリックスと一緒にスタジオで過ごした」とのコメントと共に2人で撮った写真が公開されている。

 Truth Studiosは過去にもカイザやチャンス・ザ・ラッパー、ケンドリック・ラマーなどの注目のアーティスト達がレコーディングに使用した人気のスタジオだ。

◎ウォーク・ザ・ムーン・インスタグラム・アカウント
https://www.instagram.com/p/9ytyX2ywfj/?taken-by=walkthemoonband

関連記事リンク(外部サイト)

ルー・ドワイヨン ニューALを引っさげた来日公演を2016年1月に開催
テイラー・スウィフトの『1989』洋服コレクションが中国で展開される
アダム・レヴィーン、背中一面に入れた巨大マーメイドのタトゥーを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP