ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TM NETWORK・木根尚登がソロ活動“REBOOT”! 名古屋・岐阜のたった一人のために新曲作曲、同地での初披露ライブ決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TM NETWORK・木根尚登がソロ活動“REBOOT”! 名古屋・岐阜のたった一人のために新曲作曲、同地での初披露ライブ決定!
 TM NETWORK 30周年のビッグプロジェクトを終えた木根尚登が「たった一人のために新曲を書き下ろした」ことが、大きな話題を呼んでいる。

 新曲「ひかり桜(旭丘高校ボート部に捧ぐ)」「清らかな水の町で」の2曲は、突然のソロ活動“RESET”を発表した木根の、2013年以来2年ぶりとなるニュー・シングルとして11月1日にリリースされた。
 また、11月27日(金)には、曲の舞台となった名古屋と岐阜の地で初披露することが決定している。

■木根尚登トーク&ライブ
2015年11月27日(金)
17:30(予定)~ ヴィレッジヴァンガードイオンモール各務原店(岐阜)

21:00(予定)~ ヴィレッジヴァンガード名古屋中央店

※当日、CD購入者にサイン&握手会開催予定(上限に達し次第終了)

TM NETWORK・木根尚登がソロ活動“REBOOT”! 名古屋・岐阜のたった一人のために新曲作曲、同地での初披露ライブ決定!

 2年の沈黙を経てソロ活動を“REBOOT”した木根が今回取り組んだこと、それは「みんなの為の曲ではなく、誰かの為の曲作り」だと言う。これらの2曲は、実話をもとに作られているそうだ。

 「ひかり桜」は、若くして亡くなった名古屋のボート部のキャプテンを、「清らかな水の町で」は、九死に一生を得た岐阜の男性をそれぞれ歌っている。木根自身が何度も名古屋と岐阜を訪れ、取材を重ね、その想いを歌にしたことは、地元紙中日新聞の一面でも大きく取り上げられ注目を集めている。

 「この2曲を真っ先に地元の皆さんに届けたい」という想いから木根が選んだアプローチは、この実話を綴った本にCDを納め、名古屋に本社を置く新スタイルの書店「ヴィレッジヴァンガード」の東海9店舗で限定先行販売するというものだった。

 「たった一人のために」書かれたこの新曲は、10月31日、ハロウィンで沸く渋谷で開催されたソロ活動“REBOOT”ライブで歌われたが、全国から集まった多くのファンたちにも深く静かな感動を与えた。

 そして今回、ファンだけでなく地元の皆さんの前でも歌いたいと、名古屋・岐阜のヴィレッジヴァンガードでのライブを木根が決めた。現在、会場となる2店舗を含めたCD取り扱い全店舗で、愛用のサングラスや直筆歌詞の原本などを展示する企画を開催し、感謝の気持ちを地元に届けている。(展示期間は12月15日まで)

■木根尚登より コメント
 福島に住む人との思いを重ねた歌「RESET」をリリースしてから2年。REBOOTライブと同時に新曲「ひかり桜」「清らかな水の町で」をリリースしました。
 今回の作品はレコード会社から出るCDではなく、CD付きブックレットとしてヴィレッジヴァンガードの店舗などで販売されています。よって何枚売れてもメディアを通じて順位や枚数が皆様に伝わることは無いと思います。
 それでもこれからは、名もなき人のドラマを夢や希望に変えて歌い続けていきたい。

TM NETWORK・木根尚登がソロ活動“REBOOT”! 名古屋・岐阜のたった一人のために新曲作曲、同地での初披露ライブ決定!

 「これからも、ひとつひとつ誠実に楽しみながら、挑戦と応戦で頑張ります」と語る木根尚登。明日へ向かって漕ぎだす木根尚登の今後の活動に注目したい。

■CD取扱店:
ヴィレッジヴァンガード本店、名古屋中央店、イオンモール各務原店、岡崎店、刈谷店、瀬戸店、高蔵寺店、イースト店、松阪店、およびオンラインストア

■木根尚登オフィシャルサイト 

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。