ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディズニーファン必見!500点のアートワークを展示する「ピクサー展」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トイ・ストーリー」や「ファインディング・ニモ」など、数々の名作映画を世に送り出してきたアニメーション・スタジオ「ピクサー」が、来年で設立30周年を迎えることを記念し、展覧会「ピクサー展」を開催する。

1986年のスタジオ誕生以来、世界中で上映され多くのファンに愛され続けているピクサー作品は、コンピュータ・アニメーションという優れた技術とともに、独創的なストーリーや魅力的なキャラクターが特長。

スタジオには技術スタッフと同じほどの人数のアーティストやデザイナーたちが在籍していて、彼らは手描きのドローイングや、パステル画、彫刻、マケット(キャラクター模型)などを数多く生みだしている。

展覧会では、世界初のフルCGアニメーション映画「トイ・ストーリー」から最新作「アーロと少年」まで、映画制作の源となったアートワーク約500点が一挙に公開される。

また、通常展示以外にも、展覧会のために開発された2つのインスタレーション、「トイ・ストーリー ゾートロープ」と「アートスケープ」が登場。

「トイ・ストーリー ゾートロープ」は、円盤の上に配置されたウッディやバズといった「トイ・ストーリー」に登場するキャラクターの立体フィギュアたちを暗闇の中で高速回転させ、それらをストロボライトで照らすことでキャラクターたちがあたかも生きて動いているように見せるという装置で、アニメーションの原理を体感できる。

「アートスケープ」は平面に描かれたアートワークを、デジタル技術を用いて三次元(3D)の動画へと変換し、幅10メートルを超える大型スクリーンに投影するインスタレーションで、まるでピクサーの世界に紛れ込んだような臨場感を味わうことができる。

展示を見て体感すれば、作品の秘密が垣間見え、アニメーションをより楽しく感じられるだろう。

ピクサーの世界観を堪能できる大注目の企画。

ディズニーファンのあなたは是非足を運んでみて。

ピクサー展
場所:東京都現代美術館
開催期間:2016年3月5日(土)~5月29日(日)
休館日:月曜日および3月22日(火)
※3月21日(月・祝)、5月2日(月)、5月23日(月)は開館
公式サイト:http://www.pxr30.jp/

ディズニー(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP