ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

面接官が坂本龍馬……だと!?  『Oculus Rift』を活用した未来型の面接システムが登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

就職や転職活動で決して避けることができない面接。今、そのカタチが変わりつつあります。転職サービスのDODA(デューダ)は、感情解析エンジンとVR(バーチャルリアリティ)ヘッドマウントディスプレー『Oculus Rift(オキュラス・リフト)』を使った未来の面接システム『VR面接』を公開し、現在その体験者を募集しています。

『VR面接』とはその名の通り、バーチャル空間で就活の面接を体験できる仕組み。しかも、その面接官を務めるのは、日本初の起業家として知られる“坂本龍馬”です。バーチャルの世界とはいえ、あの坂本龍馬のマンツーマン指導を受けられるとは、マジで堪らんぜよ!

ユーザーが質問に回答すると、搭載された感情解析エンジンがその“声”から喜怒哀楽の感情を分析。それによって、3DCGでよみがえった龍馬面接官のリアクションも変化します。もちろん人によって質問が異なり、一人ひとりの特性をしっかりと見極めてくれるのです。

最後には個々に合わせたオススメの職種や業種を診断してくれるので、これを参考に自信をもって本番の面接に臨めそうですね。

ちなみに、バーチャル面接だからと言って不真面目な態度を示すと、時には怒り出してピストルを突き付けてくることもあるそう。歴史好きには嬉しいサービス(?)ではありますが、本番を意識してしっかりと練習に励みましょうね。

『VR面談』の希望者は、特設サイトの問い合わせフォームから申し込むことができます。平日火曜日または金曜日の11時~19時の間で、希望の時間を伝えてみましょう。

坂本先生の面接をクリアできれば、本番でどんな面接官が登場してもきっと大丈夫……のはず!

DODA 未来の面接プロジェクト「VR面接(坂本龍馬と面接)」(YouTube)
https://youtu.be/jK-tpu0rjSw

DODA 未来の面接プロジェクト:
http://doda.jp/promo/campaign/mirainomensetsu/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP