体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google FitのAndroidアプリにAndroid Wearを利用した筋トレカウント機能「Fitチャレンジ」や新ウォッチフェイス「Fitデジタル」が追加

Google が健康管理サービス「Google Fit」の Android アプリに「Fit チャレンジ」という筋トレカウント機能を追加しました。Fit チャレンジは、Android Wear のセンサーを利用して腕立て、腹筋、スクワットなどの筋トレの回数をカウントするほか、初級 / 中級 / 上級とレベルに応じて回数などを提案してくれます。

Fit チャレンジを利用するには、Android のアプリドロワーに追加された「Fit チャレンジ」を選択し、トレーニングの種類やレベルを選択します。実行したトレーニングは Google Fit のアクティビティとして保存され、消費カロリーなどの計算にも利用されます。

また、Android Wear 用のウォッチフェイスに「Fit デジタル」が追加され、従来のアナログ時計とは別にデジタル時計でも Google Fit のデータを閲覧できるようになりました。「Google Fit」(Google Play)

■関連記事
TONE mobile、LTEやNFCに対応した新型スマートフォン「TONE m15」を発表
NTTドコモ、4Kスマートフォン「Xperia Z5 Premium SO-03H」を11月20日に発売、一括価格は93,312円
Case-Mate、Nexus 5X用ハイブリッドタフケースを国内発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。