ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気分がふさぎこんでいるとき励ましてもらえる名言

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

うつうつと気持ちが滅入ってきて、どうにもこうにも何もやりたくない。嫌なことばかり頭に浮かび、夜も眠れない。そのうち、いいことあるさと、自分で自分を励ましてみたものの、そのいいことってなんなのさと、さらに自暴自棄になってみたり。
まわりの人間は、がんばれ、がんばれと言ってくれるけれど、これ以上がんばることなんて到底無理。

しまいには、どこか遠い世界へ逃亡することまで頭によぎり、どんどん気分は最悪になる‥‥、ことがたまにある。

そんなとき、少しでも前向きになれるような名言がある。疲れた心に栄養を与えられる、素敵な言葉たち。
ほんの気休めにしかならかもしれないが、その気休めから明日をまた、がんばれるヒントが見つかるかもしれない。

有名な著書では、あいだみつをさんの「人間だもの」、最近では、90歳を超えていらっしゃる詩人の柴田トヨさんの「くじけないで」が話題だ。

健康への試行錯誤( http://j.mp/j7W7xC [リンク])というサイトに、自分を励ます言葉が数多く紹介されている。インターネット調査会社がおこなったアンケートによる結果として、様々な名言がとりあげられているので、そのいくつかをピックアップしてみた。。

「今までの自分に自信がないなら未来の自分を信じよう」
「やって駄目でも、やらないよりは何かが残る」
「人生に無駄なことなんてない。時には回り道も必要だ」
「過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる」
「命までとられるわけじゃない」

その言葉のどれもが、落ち込んだ心に染みわたってくようだ。誰かの言葉にうれしくなったり、傷ついたり。同じ言葉を聞くのなら、こうした再び立ち上がれる力をもらえるような名言にしたい。

偉人達による名言や、名のない誰かの名言を励みにして、再び歩き出せたら、こんなに素晴らしいことはないのではないだろうか。

※この記事はウェブライターの「ももぷに」さんが執筆しました。
自由気ままに好きなことをしています。興味のあることは、とことんどこまでも追求します。音楽大好き、お笑い大好き、家事は大嫌いな、お気楽主婦です。

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP