ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

B級を超えたZ級!? 見るべき「おバカ映画」3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜午前の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。11月15日のオンエアでは、映画コメンテーター有村昆さんが登場し、部門別に「Z級バカデミー大賞」を決定しました。

映画といえば、アカデミー賞やカンヌ映画祭など、素晴らしい映画に賞を与えるイメージがありますが、「おバカ映画とか、B級を通り越したZ級の映画にも愛を注がなくてはいけないんじゃないか」(有村さん)という思いから、オンエアでは、栄えある(?)「第一回Z級バカデミー大賞」を3部門に分けて決めていきました。

【なんちゃって部門】
「トランスモーファー」
B級映画界のドリームワークスが作った「トランスフォーマー」の真面目なパロディ。低予算のため、バトル映画のはずなのに、全く戦闘が始まらず、1時間半ほど経った諦めかけた頃に、やっと戦闘シーン(でも低予算)が始まります。そして、意外な最後のオチとは……!?

【SFアクション部門】
「アーリャマーン EPISODE I:帝国の勇者」
インド版スターウォーズ。もともとはTVシリーズとして放映されていたものを、ひとつのパッケージとしてまとめた作品。実は、10億人以上の人口を誇るインドで、なんと視聴率80パーセントを超えるモンスター作品。そして主役は見た目が完全な“おっさん”(笑)。その理由とは?

【VS & コラボレーション部門】
「仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」
東映の「仮面ライダー」と「暴れん坊将軍」の夢のコラボを果たした奇跡の作品。しかも、しっかり松平健さんが出演しています。タイトルから何となくストーリーは想像できますが、その破天荒な進行にいつの間にか心奪われているはず。

見たい映画がない、ゆるく過ごしたい、気軽にクスッと笑いたい、そんなときは「Z級」映画を見るのが正解かもしれません。あなたの気になるおバカ映画はありましたか?

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP