体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Ericsson、Xperia新モデル『Xperia ray』と『Xperia active』を発表

デジタル・IT

Sony Ericssonは6月22日、シンガポールで開催中のイベント『Communic Asia 2011』において、2機種のコンパクトなAndroidスマートフォン、『Xperia ray』と『Xperi active』を発表しました。

上図が「Xperia ray」、コードネームは“Urushi”[リンク]、モデルナンバーはST18i、ST18a。厚さ9.4mmのスリムなボディに3.3インチFWVGAサイズの液晶ディスプレーを搭載。映像や写真をくっきり色鮮やかに表示する『モバイルBRAVIAエンジン』搭載。背面に810万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサ『Exmor R for Mobile』を搭載します。SoCはMSM8255 1GHz、前面には30万画素カメラも搭載しています。カラーラインアップはホワイト、ブラック、ピンク、ゴールドの4色、発売時期は2011年Q3中とのこと。

次の図が『Xperia active』。3インチHVGA(320×480)サイズのディスプレーを搭載するコンパクトな防水・防塵対応Androidスマートフォン。SoCはMSM8255 1GHz、背面には720pHDサイズの動画撮影も可能な500万画素カメラを搭載。ANT+無線通信にも対応。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)。

1 2 3次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会