ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

深夜に試せ! コンビニの材料だけで作る明治屋『おいしい缶詰』の絶品レシピ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
IMG_1578_f

疲れているときや、食べるものがないときに限ってわき起こる「めんどくさいけど、ちょっと、ちゃんとしたもの食べたいなあー」状態。これって結構な“あるある”ですよね。

今日は、常備しておける“おいしいもの”で、できるだけ簡単に夜の小腹(大腹?)を満たす方法を探ってみましょう。そこで今回白羽の矢を立てたのは、そのまま食べても美味しいグルメ缶詰として名高い明治屋『おいしい缶詰』。

IMG_1576_f

酒飲みなら知らない人はいない! と言っても過言ではないほどの高クオリティな缶詰は、お酒のアテだけではなく、ご飯のおかずとしても超優秀。具材はもちろんオイルやソースまでにも旨味がしみわたっているのです。そのまま食べても美味しい缶詰にひと手間加えて、絶品の夜食を楽しんでしまいましょう。

缶詰のレパートリーは現在36種類。今回はその中の4種類を使ったレシピを紹介してみたいと思います。

ただし! 手間をかけてしまっては本末転倒。“簡単に”“ちゃんとおいしいもの”を“手に入る材料”で作ることを心掛けたい所存。できるだけ簡単な調理で、仕事帰りのコンビニだけで材料が揃うようなものを選んでみました。

鳥ごまパラパラ卵チャーハン

IMG_1652_f

材料: 『おいしい缶詰 / 国産鶏のごま油漬(和風アヒージョ)』1缶、パックごはん1人前、卵2個、塩コショウちょっとだけ

IMG_1580_f IMG_1588_f

ポイント:
・卵とご飯を先にまぜちゃう
・卵に缶に入ってたごま油も少しまぜちゃう

缶詰以外に用意するものは卵とごはんだけです。

IMG_1595_f

レンジでご飯を温めている間に、卵を溶いておきましょう。

IMG_1609_f IMG_1610_f

そして温め終わったご飯を溶き卵にまぜます。先にご飯と卵を混ぜることで、チャーハンの仕上がりがパラパラになります。

IMG_1611_f

缶に入っている油も少し、入れちゃいましょう。

IMG_1617_f IMG_1622_f

残りの油をフライパンに敷きます。この油は、焙煎ごま油と白ごま油をブレンドしてにんにくと唐辛子で香りづけされたもの。鶏の旨みも蓄えているぜいたくな味わいです。これで炒めたものが美味くないわけがない! というわけ。

IMG_1625_f IMG_1631_f IMG_1633_f

仕上げにはほんの少し塩コショウをして、残りの鶏肉をまぜてできあがり。鶏はむね肉ともも肉が使われていて食感の違いも楽しめます。塩味がしっかり付いているので、ほぐして混ぜ込んでも良いですよ。

IMG_1602_f IMG_1645_f

このチャーハンの美味しさは、とにかくこの油と鶏の旨味。ダシの美味しさと素材の香ばしさが卵とお米に行きわたっています。

ごろごろカキソースパスタ

IMG_1733_f

材料: 『おいしい缶詰 / 広島県産かき燻製油漬』1缶、パスタ1人前、醤油ちょっとだけ

IMG_1586_f IMG_1655_f

ポイント:
・オイルとゆで汁でパスタソースをつくろう
・仕上げにほんの少しの醤油

『広島県産かき燻製油漬』をパスタに使ってみましょう。用意するのは、パスタだけ。ポイントにも書きましたがパスタソースは缶詰の油を使います。カキの美味しさを吸い込んだスモーキーな風味の綿実油は、かなり油切れがいい軽いあっさりとした味わいです。

IMG_1674_f

まず、パスタをゆで始めましょう。

IMG_1678_f IMG_1682_f

パスタをゆでている間にパスタソースの準備をします。フライパンに缶の中の綿実油を入れます。
※このフライパンには最後まで火はつけません!

IMG_1686_f IMG_1691_f

パスタのゆで汁が少し濁ってきたら、スプーン1杯ずつ油の入ったフライパンに入れます。油とゆで汁が入ったフライパンを、そのまま水平に何度もゆすっては、また、ゆで汁をスプーン1杯ずつ足します。これを繰り返して最終的には油とゆで汁を同じ量まで入れてゆすります。すると……さっきまで透明だった油が乳白色に! 

IMG_1703_f IMG_1706_f

トロみも付いて麺に良く絡むようになりました。

IMG_1714_f IMG_1716_f

あとは、パスタがゆであがったら、このパスタソースと混ぜるだけ。フライパンの火はつけなくてよいのです。

IMG_1717_f

仕上げにほんの少しのお醤油を垂らして、カキを添えてできあがり。好みで七味を振ってもよいです。

IMG_1725_f

旬の時期に広島で取れたカキがゴロゴロと入ったかなり贅沢なパスタ、思いのほかさっぱりしているのであっという間に食べられちゃいますが、別れが惜しい美味しさです。

IMG_1666_f

ペッパービーフのスペシャルポテトサラダ

IMG_1766_f

材料: 『おいしい缶詰 / プレミアムほぐしコンビーフ(粗挽き黒胡椒味)』1缶、ポテトサラダ
(あると楽しいもの:コショウ、マヨネーズ、食パン)

IMG_1584_f IMG_1741_f

ポイント:
・混ぜるだけです

今回紹介するレシピの中で、一番簡単です。用意するのは、お惣菜で売っているポテトサラダ。お夜食としてであれば、食パンがあるとかなり捗りますよ。

IMG_1750_f IMG_1756_f

手順は1工程のみ。混ぜるだけです(笑)。高級なほぐしコンビーフは黒コショウが効いているのですが、好みで追いコショウしてみても良いです。

IMG_1760_f

このままおつまみにもなりますし、パンにはさむとそれだけで絶品サンドイッチのできあがりです。

IMG_1777_f IMG_1778_f IMG_1785_f

パンにはさむ場合は、片面にマヨネーズを塗ってホイルで包んで焼くと良いでしょう。ポテトと風味たっぷりでスパイシーな牛肉が、舌もお腹も満たしてくれるはずです。

ちなみに、『プレミアムほぐしコンビーフ(粗挽き黒胡椒味)』は、熱いご飯に混ぜてからの生卵も、反則的な美味さです。

IMG_1753_f IMG_1764_f IMG_1787_f

真夜中の牛デミ丼

IMG_1833_f

材料: 『おいしい缶詰 / 牛肉のデミグラスソース味』1缶、パックご飯1人前、きざみキャベツ、麺つゆor醤油、
(あると楽しいもの:チューブわさび、温泉たまご、チーズ、バター)

IMG_1581_f IMG_1792_f IMG_1794_f

ポイント:
・こんなん何してもうまい

お次は『おいしい缶詰 / 牛肉のデミグラスソース味』を使った丼物です。キャベツ、麺つゆあたりはなくてもよいですが、それだと単に『牛肉のデミグラスソース味』と白米、ってことになってしまうので、余裕があれば用意してみてください(白米だけでも十分美味しいんですけどもね!)。

IMG_1806_f IMG_1809_f

まず、ご飯の上にキャベツを敷き詰めます。

IMG_1798_f IMG_1811_f

ほんの少しの麺つゆ(もしくは醤油)とわさびを溶いたものをその上からかけちゃいます。あんまりたくさんかけないように。

IMG_1816_f

その上に牛肉を乗せてできあがりです。ああ、簡単。

牛肉がもし固まっているようでしたら、あらかじめレンジでチンしてもいいです。どんぶりに載せてからレンジでチンしても大丈夫です。

IMG_1820_f

その時に、チーズを乗せたり、バターやマーガリンを乗せても美味しいです。というか、何しても美味しいです。温泉たまごなんかあれば、彩りもいいです。

IMG_1804_f IMG_1832_f IMG_1838_f

ただし、このデミグラスソース、味わいとしては相当上品な部類に入りますので、最初はシンプルにいただいてみることをおススメします! 赤ワインベースでバターの旨味や牛バラ肉のエキスが加わった深い味わいのソースは、余すことなく味わいたい気持ちになりますよ。

変わり親子丼

IMG_1873_f

材料: 『おいしい缶詰 / 国産鶏のごま油漬(和風アヒージョ)』1缶、パックごはん1人前、卵2個、麺つゆ、
(あると楽しいもの:玉ねぎ)

IMG_1845_f

ポイント:
・卵を煮過ぎないように

最後は超簡単な親子丼です。卵2個と麺つゆ、もしあれば玉ねぎもあるとよいですが、なくても大丈夫です。

IMG_1853_f

まず、飲めるくらいの濃さに薄めた麺つゆを煮立たせます。玉ねぎがある場合は少し煮込みましょう。

IMG_1856_f IMG_1860_f

そして『国産鶏のごま油漬(和風アヒージョ)』をドバっと入れちゃいます。

IMG_1862_f IMG_1866_f

溶き卵を上からかけて、中火でフタをすること2分半。

IMG_1870_f

良き頃に取り出して盛り付ければ完成。

ごま油の風味も効いた、ちょっと変わった親子丼のできあがりです。鶏の旨味がしみ込んだご飯をかきこむ幸せを堪能してください。

IMG_1878_f

以上、いかがでしたでしょうか。本当は、試してみてイマイチなものは載せないつもりで試作に臨んだのですが、実は全部、“当たり”だったので、作ったもの全部載せてしまいました……。

みなさんも空腹でこの記事を思い出したら、是非試してみてくださいね。どうしても材料をそろえるのが面倒、という場合はひと手間、缶詰を湯煎するだけでもできたての美味しさが味わえますよ。

おいしい缶詰
http://www.meidi-ya.co.jp/delicious-canned/

カテゴリー : グルメ タグ :
オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。